男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブラウン・バニー

  • ぶらうんばにー
  • The Brown Bunny
  • The Brown Bunny

amazon


  • 平均評点

    54.8点(81人)

  • 観たひと

    191

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/11/22
上映時間 90分
製作会社 ヴィンセント・ギャロ・プロダクションズ=キネティック=ワイルド・バンチ
配給 キネティック
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ヴィンセント・ギャロ バド・クレイ
クロエ・セヴィニー デイジー

解説

失われた恋人の幻影を求めてアメリカ大陸を旅する男を描いたドラマ。監督・製作・脚本・撮影・美術・編集・衣裳・主演は「バッファロー'66」のヴィンセント・ギャロ。共演に「アメリカン・サイコ」のクロエ・セヴィニーほか。

あらすじ

ニューハンプシャーで開催されているバイク・レースの最終戦。3位に入賞したバド・クレイ(ヴィンセント・ギャロ)は、レース終了後まもなく黒いバンにマシンを積み、カリフォルニアへとアメリカ横断の旅に出る。ガソリンスタンドで給油した時、ヴァイオレットという花の名前を持つ女性に心惹かれ、旅に誘うが、半ば強引に同意させたにもかかわらず、彼女を置き去りにして出発。翌日、バドは元恋人のデイジー(クロエ・セヴィニー)の母親が暮らしている家を訪ねるが、夫人は彼のことを覚えていなかった。やがてバドは、広場のベンチで孤独な時を過ごしていたリリーという女性と少しだけ心を通わせるが、すぐに立ち去る。ラスヴェガスではローズという娼婦を誘いながらも、すぐにハイウェイで降ろしてしまう。長い旅の果て、カリフォルニアに到着したバドは、かつてデイジーと共に暮らしていた小さな家を訪ねる。バドはホテルで待つという手紙を彼女に残して去る。やがてホテルの部屋に、デイジーが現われる。しかしそのデイジーは、彼の幻覚だった。彼女はドラッグで酩酊した時、数人の男にレイプされ、まもなく嘔吐した物がノドに詰まって死んでしまったのだ。そして彼女の幻覚が消えたあと、バドはまた車を走らせるのであった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ブラウン・バニー

2003年12月下旬号

劇場公開映画批評:ブラウン・バニー

2003年12月上旬特別号

特集 「ブラウン・バニー」:ヴィンセント・ギャロとキネティックの歩み