男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

フォーン・ブース

  • ふぉーんぶーす
  • Phone Booth
  • Phone Booth

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.5点(404人)

  • 観たひと

    724

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / パニック
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/11/22
上映時間 81分
製作会社 ザッカー・ネッター・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演コリン・ファレル スチュ・シェパード
フォレスト・ウィテカー レイミー警部
ケイティ・ホームズ パメラ・マクファデン
ラダ・ミッチェル ケリー・シェパード
キーファー・サザーランド 電話の“発信者”

解説

電話ボックスの中で脅され続ける男の恐怖を描いたサスペンス。監督は「タイガーランド」「9デイズ」のジョエル・シューマカー。脚本は「ギルティ/罪深き罪」のラリー・コーエン。撮影は「タイガーランド」のマシュー・リバティック。音楽は「スパイ・ゲーム」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。美術は「タイガーランド」のアンドリュー・ローズ。編集も「タイガーランド」のマーク・スティーヴンス。出演は「タイガーランド」「S.W.A.T.」のコリン・ファレル、「パニック・ルーム」のフォレスト・ウィティカー、「ギフト」のケイティ・ホームズ、「ピッチブラック」のラダ・ミッチェル、「ダークシティ」のキーファー・サザーランドほか。

あらすじ

スチュ(コリン・ファレル)は自称一流のパブリシスト。傲慢で嘘をつくことを何とも思わない彼は、アシスタントと別れたあと、ニューヨーク8番街53丁目に残る最後の電話ボックスに入り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラ(ケイティ・ホームズ)に電話をかける。しかしスチュが受話器を置いて外に出た途端にベルが鳴り、彼は思わず受話器を取った。すると電話の発信者(キーファー・サザーランド)はなぜかスチュの私生活を熟知しており、どこかからかライフルで狙いつつ、言うことを聞かなければ殺すと脅迫する。やがて、その公衆電話をめぐってスチュといざこざを起こした娼婦の用心棒が射殺される。スチュが殺したとわめき散らす娼婦たち。まもなく警察がボックスを包囲し、レイミー警部(フォレスト・ウィティカー)がスチュに電話を切るよう説得する。そしてパメラと、妻のケリー(ラダ・ミッチェル)も現場にやってくる。やがて電話の声に命じられるまま、スチュは浮気心を持ったことなどを公衆の面前で懺悔する。そして自分を撃つようにとボックスの外に飛び出すが、先に警察にゴム弾で撃たれて倒れたため、助かった。犯人は、警察が現場に踏み込む前に自殺。しかしその遺体は、前にスチュが手荒く扱ったピザの配達人であり、真犯人である電話の発信者は、静かに現場を去っていくのであった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:フォーン・ブース

2003年12月下旬号

劇場公開映画批評:フォーン・ブース

2003年9月下旬号

特集 「フォーン・ブース」:「フォーン・ブース」が面白い理由(わけ)

特集 「フォーン・ブース」:コリン・ファレルの魅力に迫る