男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マトリックス レボリューションズ

  • まとりっくすれぼりゅーしょんず
  • The Matrix Revolutions
  • The Matrix Revolutions

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    69.7点(657人)

  • 観たひと

    1342

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    43

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/11/5
上映時間 129分
製作会社 NPVエンタテインメント=シルヴァー・ピクチャーズ=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

人工知能に支配された仮想現実空間で、人類を守るために立ち上がった救世主たちの活躍を描くSF3部作の完結編。監督・製作総指揮・脚本は、シリーズ前作に続きラリー&アンディのウォシャウスキー兄弟。撮影のビル・ホープ、音楽のドン・デイヴィスら、主要スタッフは前作から受け継いでいる。出演は前作から引き続き、「陽だまりのグラウンド」のキアヌ・リーヴス、「イベント・ホライゾン」のローレンス・フィッシュバーン、「メメント」のキャリー=アン・モス、「ロード・オブ・ザ・リング」のヒューゴ・ウィーヴィング、「アリ」のジャダ・ピンケット・スミス、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」のモニカ・ベルッチ、「無問題2」のコリン・チャウ、「アリ」のノーナ・ゲイ、「コラテラル・ダメージ」のハリー・レニックス、「ウーマン・オン・トップ」のハロルド・ペリノーほか。

あらすじ

現実世界への旅を通して真実の探求を続けるネオ(キアヌ・リーヴス)は、その過程でパワーを使い尽くし、マトリックスとマシン地帯の間にある無人地帯に取り残される。眠り続けるネオを見守るトリニティー(キャリー=アン・モス)。だがモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)は、救世主がマトリックスの設計者によって作られたコントロール・システムに過ぎないという事実にショックを受けていた。マシン軍がザイオンに突き進む中、ジー(ノーナ・ゲイ)やキッド(クレイトン・ワトソン)など勇敢な市民の志願者に支えられたザイオン軍は、必死の攻防を試みる。一方、はぐれプログラムとなったスミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、パワーを増しすぎて制御不能になり、今や現実世界とマトリックスもろともマシン帝国をも破壊しようとする脅威になっていた。そんな中、予言者オラクル(メアリー・アリス)は、ネオに最後の導きの言葉を告げ、ネオは彼女がプログラムに過ぎないと知りながらそれを受け入れる。ナイオビ(ジャダ・ピンケット・スミス)の助けを得て、ネオとトリニティーはマシン・シティーの心臓部へ入り込む危険な旅に出るが、トリニティーは死亡。ネオはマシン世界の究極のパワー、機械仕掛けの神と対峙し、彼らにとっても脅威になっていたスミスと対決する代わり、平和を要求。ネオはマトリックスにプラグ・インして死闘を繰り広げ、一度スミスに倒されるが、救世主であることの奇跡が起こって逆転。ザイオンに平和をもたらすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2004年1月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:マトリックス レボリューションズ

2003年12月上旬特別号

HOT SHOTS:「マトリックス レボリューションズ」

劇場公開映画批評:マトリックス レボリューションズ

2003年11月下旬号

特集 「マトリックス レボリューションズ」:「マトリックス」ワールド完全攻略

特集 「マトリックス レボリューションズ」:キアヌ・リーヴス インタビュー

特集 「マトリックス レボリューションズ」:ローレンス・フィッシュバーン インタビュー

特集 「マトリックス レボリューションズ」:キャリー=アン・モス インタビュー

特集 「マトリックス レボリューションズ」:ジャダ・ピンケット・スミス インタビュー

特集 「マトリックス レボリューションズ」:ジョエル・シルヴァー(製作) インタビュー

2003年8月下旬号

超速報! 2004年話題作先取り:マトリックス レボリューションズ