男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

恋は邪魔者

  • こいはじゃまもの
  • Down With Love
  • Down With Love

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.7点(90人)

  • 観たひと

    175

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ラブロマンス / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/10/18
上映時間 101分
製作会社 ジンクス=コーエン・カンパニー
配給 20世紀フォックス映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

作家の女性とジャーナリストの男性の恋愛騒動を描いたロマンティック・コメディ。監督は「チアーズ!」のペイトン・リード。脚本はこれが映画デビューとなるイヴ・アラート&デニス・ドレイク。撮影は「ストーカー」のジェフ・クローネンウェス。音楽は「サウスパーク」のマーク・シェイマン。美術は「タイガーランド」のアンドリュー・ロウズ。編集は「チアーズ!」のラリー・ボック。衣裳は「ミート・ザ・ペアレンツ」のダニエル・オーランディ。出演は「シカゴ」のレニー・ゼルウィガー、「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー、「ニクソン」のデイヴィッド・ハイド・ピアース、「ハート・オブ・ウーマン」のサラ・ポールソン、「プレイボーイ」のトニー・ランドールほか。

あらすじ

1962年のニューヨーク。恋愛を否定する女性のための指南書で文壇にデビューを飾った新進作家のバーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は、本の宣伝のため、超プレイボーイのジャーナリスト、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)にカバー・ストーリーを書いてもらおうと画策する。ところがキャッチャーは、スチュワーデスとのデートに夢中で取材をすっぽかしてばかり。そんな時、バーバラの本に人気の火がつき、世界的なベストセラーに。一躍時の人になった彼女は、テレビでキャッチャーを名指しで批判。逆上した彼は、バーバラの主張を台無しにするため彼女を恋に落とさせようと、NASAの宇宙飛行士を偽ってバーバラに接近。その思惑通り、彼女はすっかり彼に恋してしまう。しかし実は、バーバラはキャッチャーの元秘書で、本名はナンシー・ブラウン。キャッチャーに恋した彼女は、彼を振り向かせるために作家になったのだ。しかしいまや彼女はバーバラ・ノヴァクを演じねばならぬ立場。新しい女性雑誌社も設立し、女性のリーダーとしての道を邁進するが、会社のオフィスにキャッチャーが現われ、結局二人は結ばれるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年12月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:恋は邪魔者

2003年10月下旬号

SPECIAL SELECTION:1 「恋は邪魔者」

2003年9月下旬号

巻頭特集 「恋は邪魔者」:レニー・ゼルウィガー インタビュー

巻頭特集 「恋は邪魔者」:ユアン・マクレガー インタビュー

巻頭特集 「恋は邪魔者」:ペイトン・リード監督 インタビュー

巻頭特集 「恋は邪魔者」:60年代美術・衣裳について

巻頭特集 「恋は邪魔者」:作品評