男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ファム・ファタール(2002)

  • ふぁむふぁたーる
  • Femme Fatale
  • Femme Fatale
  • 平均評点

    65.9点(148人)

  • 観たひと

    256

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / エロス
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2003/8/23
上映時間 115分
製作会社 クィンタ・コミュニケーションズ・プロダクション
配給 日本ヘラルド映画(日本ヘラルド映画=東宝 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

宝石強盗に関与したひとりの女の奇妙な運命を描くサスペンス。監督・脚本は「ミッション・トゥ・マーズ」のブライアン・デ・パルマ。撮影は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のティエリー・アルボガスト。音楽は「スネーク・アイズ」の坂本龍一。美術も「スネーク・アイズ」のアン・プリチャード。編集はデ・パルマ作品の常連ビル・パンコウ。衣裳は「YAMAKASI ヤマカシ」のオリヴィエ・ベリオ。出演は「X―メン」シリーズのレベッカ=ローミン・ステイモス、「スパイキッズ」シリーズのアントニオ・バンデラス、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のピーター・コヨーテ、「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のエリック・エブアニー、「TAXi」シリーズのエドュアルド・モントート、これが映画デビューのリエ・ラスムッセン、「メルシー・ラ・ヴィ」のティエリー・フレモン、「ペイバック」のグレッグ・ヘンリーほか。

あらすじ

カンヌ国際映画祭の会場で、1000万ドルの宝石が盗まれる。実行犯のロール(レベッカ・ローミン・ステイモス)は仲間を裏切って逃走。その途中で気を失ったロールは、見知らぬ家のベッドで目覚める。彼女は別の女性、リリー(レベッカ・ローミン・ステイモス、二役)に間違えられていたのだ。まもなく帰宅したリリーが、ロールの存在を知らないまま拳銃自殺。ロールはリリーに成り済まして単身アメリカへ飛んだ。7年後、ロールはアメリカ大使夫人としてパリに舞い戻る。決して人前に出ず過去を隠していたが、カメラマンのニコラス(アントニオ・バンデラス)にスクープ写真を撮られてしまってから態度を変える。ロールは素性を探ろうと接近してきたニコラスを誘惑。ニコラスは彼女の罠に落ち、ロールは完全勝利を収めたかに見えた。だがすべては、見知らぬ家のバスタブにつかったままロールが見ていた夢だった。目覚めたロールは、リリーの自殺を止める。そして本当の7年後、ロールの行動によって未来が変わり、彼女はニコラスと出会って恋におちるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年10月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ファム・ファタール

2003年9月下旬号

劇場公開映画批評:ファム・ファタール

2003年9月上旬特別号

特集 「ファム・ファタール」:レベッカ・ローミン=ステイモス インタビュー

特集 「ファム・ファタール」:ブライアン・デ・パルマ監督 インタビュー

特集 「ファム・ファタール」:作品評

特集 「ファム・ファタール」:坂本龍一と映画音楽