男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ターミネーター3

  • たーみねーたーすりー
  • Terminator 3: Rise of the Machines
  • Terminator 3: Rise of the Machines
  • 平均評点

    64.3点(650人)

  • 観たひと

    1370

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    63

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2003
公開年月日 2003/7/12
上映時間 110分
製作会社 インターメディア=IMFプロダクション
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

人類の存続を賭けて未来から送り込まれた人間型マシーンが活躍する人気SFシリーズの第3弾。監督は「U-571」のジョナサン・モストウ。脚本は「ゲーム」のジョン・ブランカート&マイケル・フェリス。撮影は「スパイダーマン」のドン・バージェス。音楽は「ブレイド2」のマルコ・ベルトラミ。美術は「ショウタイム」のジェフ・マン。編集は「トータル・フィアーズ」のニール・トラヴィスほか。衣裳は「U-571」のエイプリル・フェリー。出演はシリーズ前2作に続きアーノルド・シュワルツェネッガー、「BULLY/ブリー」のニック・スタール、 「ブロークダウン・パレス」のクレア・デーンズ、「エネミー・フォース/限界空域」(V)のクリスタナ・ローケン、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のデイヴィッド・アンドリュースほか。

あらすじ

核兵器管理システムのスカイネットが自らの意志を持ち人類を滅ぼす“審判の日”を、見事阻止してから10年たったジョン(ニック・スタール)は、新たな人生の目的を模索するように放浪生活を送っていた。そんな時、究極のターミネーター、T-X(クリスタナ・ローケン)が未来から送られてきてリストにある人物の命を次々と狙う。未来のスカイネットはやはり存在し、“審判の日”は先延ばしにされただけだったのだ。ジョンのもとに、かつて自分と母を救ってくれたターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現われ、ジョン、そして彼の妻になる運命だという獣医助手のケイト(クレア・デーンズ)を守る。やがて彼らは、唯一スカイネットの暴走を止められる米空軍に勤めるケイトの父ロバート(デイヴィッド・アンドリュース)がT-Xの暗殺ターゲットになっていると知り、それを止めに向かうが、ロバートは殺害される。ジョンとケイトは彼の代わりにスカイネットを止めようとするが、ターミネーターが二人を無事に運んだのは、政府要人用の核シェルター。まもなく“審判の日”は起こり、ジョンとケイトはその後の世界で生きていくことを強く決意するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年9月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ターミネーター3

2003年9月上旬特別号

劇場公開映画批評:ターミネーター3

2003年8月上旬特別号

HOT SHOTS:「ターミネーター3」

2003年7月下旬号

特集 「ターミネーター3」:人類VSスカイネット戦記・ターミネーター全記録

特集 「ターミネーター3」:アーノルド・シュワルツェネッガー インタビュー

特集 「ターミネーター3」:クリスタナ・ローケン インタビュー

特集 「ターミネーター3」:ジョナサン・モストウ監督 インタビュー

特集 「ターミネーター3」:クレア・ディーンズ インタビュー

特集 「ターミネーター3」:ニック・スタール インタビュー

特集 「ターミネーター3」:マリオ・カサール&アンドリュー・バイナ(製作者) インタビュー

2002年12月上旬号

HOT SHOTS:「ターミネーター3」

2002年10月上旬号

「ターミネーター3」速報: