男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

007/ダイ・アナザー・デイ

  • だぶるおーせぶんだいあなざーでい
  • Die Another Day
  • Die Another Day
  • 平均評点

    65.9点(344人)

  • 観たひと

    673

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2002
公開年月日 2003/3/8
上映時間 133分
製作会社 イオン・プロダクションズ=MGM=ユナイテッド・アーティスツ
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

イギリスのスーパー・スパイ、ジェームズ・ボンドが大活躍する人気アクション・シリーズ「007」の第20作。監督は「スパイダー」のリー・タマホリ。脚本はシリーズ前作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のニール・パーヴィスとロバート・ウェイド。撮影は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のデイヴィッド・タッターソル。音楽はシリーズ前作に続きデイヴィッド・アーノルド。主題歌はマドンナ。美術はシリーズ常連のピーター・ラモント。編集は「スパイ・ゲーム」のクリスチャン・ワグナー。衣裳は「ゴールデンアイ」以降のシリーズ常連であるリンディ・ヘミング。出演は前作に続き5代目ボンドのピアース・ブロスナン、「チョコレート」のハル・ベリー、「抱擁」のトビー・スティーヴンス、これが映画デビューとなるロザムンド・パイク、「ワルイド・スピード」のリック・ユーン、「アイリス」のジュディ・デンチ、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のジョン・クリース、「エクストリーマーズ」のマイケル・マドセンほか。

あらすじ

北朝鮮。ムーン大佐(ウィル・ユン・リー)という危険人物を暗殺する任務を受けた英国秘密諜報部員ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は、軍に捕らえられ拷問を受ける。ムーン大佐の腹心の部下で捕まっていたザオ(リック・ユーン)との捕虜交換で、ボンドは自由の身となり香港へ。しかし彼は諜報部員の資格を剥脱。汚名を挽回すべく、ザオを追ってキューバのハバナに飛ぶ。そこで美女ジンクス(ハル・ベリー)と知り合うが、彼女は実はNSAのエージェントだった。ボンドはザオの残した手がかりを得て、ロンドンへ。そして彼は、広報係の美女ミランダ・フロスト(ロザムンド・パイク)を従えている英国のダイヤモンド王、グスタフ・グレーヴス(トビー・スティーヴンス)が黒幕だと確信。舞台はアイスランドに飛び、実はグレーヴスが、整形したムーン大佐であることが判明。やがて墜落していく飛行機の中、ジンクスはフロストを刺殺し、ボンドはグレーヴスを倒す。そしてボンドとジンクスは共に脱出、2人は愛の時間を楽しむのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年8月上旬特別号

DVDコレクション:第70回 「007/ダイ・アナザー・デイ」」

2003年5月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:007/ダイ・アナザー・デイ

2003年4月下旬号

劇場公開映画批評:007/ダイ・アナザー・デイ

2003年3月下旬号

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:グラビア

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:ジェームズ・ボンド全仕事

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:コラム1 ボンドの履歴書

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:ピアース・ブロスナン インタビュー

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:コラム2 ボンドの協力者

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:リー・タマホリ監督 インタビュー

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:コラム3 英国諜報部

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:秘密兵器コレクション

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:コラム4 主題歌

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:ロザムンド・パイク インタビュー

巻頭特集 「007/ダイ・アナザー・デイ」:作品評

2003年3月上旬号

SPECIAL SELECTION:「007/ダイ・アナザー・デイ」

2003年2月上旬号

SPECIAL SELECTION:「007/ダイ・アナザー・デイ」

2002年10月下旬号

HOT SHOTS:「007/ダイ・アナザー・デイ」