男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バティニョールおじさん

  • ばてぃにょーるおじさん
  • Monsieur Batignole
  • Monsieur Batignole
  • 平均評点

    77.6点(41人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2002
公開年月日 2003/1/11
上映時間 103分
製作会社 RFF2Kプロダクションズ=ノヴォ・アートウロ・フィルムズ=TF1フィルムズ
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ナチス時代に、命がけでユダヤ人の子供をスイスに逃亡させるフランス人の中年男を描いた感動作。監督・製作・脚本・主演は「パリの天使たち」のジェラール・ジュニョ。共演はこれが長編映画デビューとなる子役のジュール・シトリュックほか。

あらすじ

1942年、夏。ドイツ軍はフランス国民に対し、ユダヤ人一斉検挙の協力を要求。肉屋兼惣菜屋を営むバティニョール(ジェラール・ジュニョ)は、娘婿であるナチス支持者ピエール=ジャン(ジャン・ポール・ルーヴ)がユダヤ人外科医のバーンスタイン一家を密告したため、図らずして摘発に協力してしまうことになる。ある晩、ドイツ軍後援者のためのレセプションを催すことになったバティニョールが、玄関のドアを開けると、そこにはバーンスタイン家の息子である12歳のシモン(ジュール・シトリュック)が立っていた。トラブルを避けるために、バティニョールはシモンをかくまうことに。そこにシモンの幼いいとこであるサラ(ヴィオレット・ブランカエル)とギラ(ダフネ・ベヴィール)も合流。身の危険を感じたバティニョールは、密告しようとしたピエール=ジャンを殺害。自分の手で、子供3人をスイスに逃がすことにする。列車に乗り込んだ彼らは、スイス国境近くにある農場で親切な女性に出会う。だが彼女の息子たちのせいで、警察ともめるハメに。バティニョールとシモンは逃亡し、地元の司祭や先に出会った女性の力を借りて、サラとギラと共にスイスへと続く山へ忍び入った。バティニョールは子供たちだけを自由の世界へ放とうとしたが、やがて決心を変え、自分も一緒に国境を越えるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年4月上旬号

劇場公開映画批評:バティニョールおじさん

2003年3月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:バティニョールおじさん