男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ギャング・オブ・ニューヨーク

  • ぎゃんぐおぶにゅーよーく
  • Gangs of New York
  • Gangs of New York

amazon


  • 平均評点

    66.9点(417人)

  • 観たひと

    875

  • 観たいひと

    69

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ ドイツ イタリア イギリス オランダ
製作年 2002
公開年月日 2002/12/21
上映時間 168分
製作会社 イニシャル・エンタテインメント(ミラマックス・フィルム 提供)
配給 松竹=日本ヘラルド映画(松竹=日本ヘラルド映画=日本テレビ=博報堂=カルチュア・パブリッシャーズ 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

19世紀半ばの激動のニューヨークに生きる人々の壮絶な生きざまを描いた一大叙事詩。監督は「救命士」のマーティン・スコセッシ。脚本は「ストレンジ・デイズ」のジェイ・コックス、「ブラック・ホーク・ダウン」のスティーヴン・ザイリアン、「アナライズ・ミー」のケネス・ロナガン。撮影は「バガー・ヴァンスの伝説」のミヒャエル・バルハウス。美術は「救命士」のダンテ・フェレッティ。編集はスコセッシ作品常連のセルマ・スクーンメイカー。衣裳は「ことの終わり」のサンディ・パウエル。出演は「ザ・ビーチ」のレオナルド・ディカプリオ、「バニラ・スカイ」のキャメロン・ディアス、「ボクサー」のダニエル・デイ=ルイス、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のリーアム・ニーソン、「すべての美しい馬」のヘンリー・トーマス、「A.I.」のブレンダン・グリーソン、「ブリジット・ジョーンズの日記」のジム・ブロードベント、「パーフェクト・ストーム」のジョン・C・ライリー、「リトル・ダンサー」のゲイリー・ルイスほか。

あらすじ

1864年、ニューヨークのファイヴ・ポイント地区の支配権をめぐる戦いの中で、アイルランド移民集団デッド・ラビッツのリーダー、ヴァロン神父(リーアム・ニーソン)は、アメリカ生まれの集団ネイティヴズのリーダー、肉屋のビル・ザ・ブッチャー(ダニエル・デイ・ルイス)に殺される。ヴァロンの幼い息子アムステルダムはそれを目撃。15年後、少年院から出所してきたアムステルダム(レオナルド・ディカプリオ)は、復讐のため、街のボスとして君臨するビルの組織に素性を隠して入り込む。だがそこで、ビルと浅からぬ過去を持っていた美しい女スリ、ジェニー(キャメロン・ディアス)と許されない恋におちる。まもなくアムステルダムは、ビルに正体がバレてしまい、拷問にかけられる。ジェニーに介抱されたアムステルダムは、陰で復讐の機会をねらう。やがて南北戦争徴兵暴動が勃発。その混乱の中で、アムステルダムはビルを刺殺。そして暴動後、廃墟と化した街の中で、アムステルダムとジェニーは互いに肩を抱き寄せるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2013年2月上旬号

俳優を決定づけたこの一本:レオナルド・ディカプリオ 少年から大人へ「ギャング・オブ・ニューヨーク」

2003年2月下旬決算特別号

外国映画紹介:ギャング・オブ・ニューヨーク

2003年2月上旬号

劇場公開映画批評:ギャング・オブ・ニューヨーク

2003年1月上旬新年特別号

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:グラビア

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:レオナルド・ディカプリオ インタビュー

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:キャメロン・ディアス インタビュー

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:ダニエル・デイ=ルイスインタビュー

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:マーティン・スコセッシ監督 ロングインタビュー

巻頭特集 「ギャング・オブ・ニューヨーク」:作品評