男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マイノリティ・リポート

  • まいのりてぃりぽーと
  • Mignority Report
  • Mignority Report

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.9点(803人)

  • 観たひと

    1593

  • 観たいひと

    105

  • レビューの数

    49

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2002/12/7
上映時間 145分
製作会社 クルーズ/ワグナー=ブルー・チューリップ=ロナルド・シャセット=ゲイリー・ゴールドマン(20世紀フォックス映画=ドリームワークス 提供)
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

監視社会と化した近未来で罪の潔白を証明しようとする男を描くSFエンタテインメント。監督は「A.I.」のスティーヴン・スピルバーグ。脚本は「アウト・オブ・サイト」のスコット・フランクほか。原作はカルトSF作家、フィリップ・K・ディックの短篇小説。撮影は「A.I.」のヤヌス・カミンスキー。音楽は「A.I.」「スター・ウォーズ」シリーズのジョン・ウィリアムズ。美術は「マリー・アントワネットの首飾り」のアレックス・マクドウェル。編集は「A.I.」のマイケル・カーン。衣裳は「タイタニック」のデボラ・L・スコット。出演は「バニラ・スカイ」のトム・クルーズ、「ジャスティス」のコリン・ファレル、「ギター弾きの恋」のサマンサ・モートン、「ヒマラヤ杉に降る雪」のマックス・フォン・シドー、「A.I.」のキャサリン・モリス、「ウインドトーカーズ」のピーター・ストーメア、「シン・レッド・ライン」のティム・ブレイク・ネルソン、「プレッジ」のロイス・スミスほか。

あらすじ

2054年のワシントンD.C.。殺人予知システムのおかげで、殺人事件の存在しない社会。ところが犯罪予防局の犯罪取締チームの主任、ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が、システムにより殺人事件の第一容疑者に挙げられてしまう。彼は自分が事件を起こすことになる36時間後までに、真実を暴かねばならなくなった。ライバルのダニー・ウィットワー(コリン・ファレル)率いる元部下たちの執拗な追跡をかわしながら、都市の探知網をかいくぐって逃げるアンダートン。そして彼は、殺人予知システムを考案したアイリス・ハイネマン博士(ロイス・スミス)から、冤罪のケースがあり得ることを知る。プリコグと呼ばれる予知能力者3人のビジョンが一致しない時、少数報告の方は棄却されてしまうのだ。アンダートンはプリコグの女性アガサ(サマンサ・モートン)を連れ出し、彼女のオリジナル・リポートをダウンロードしようとする。やがて真の犯人が、アンダートンの父親的存在である局長ラマー・バージェス(マックス・フォン・シドー)だと判明。彼は自殺し、犯罪予防システムは廃止。アンダートンは、別居していた妻ララ(キャサリン・モリス)とヨリを戻し、妊娠した彼女と新しい生活を始めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年6月上旬号

DVDコレクション:第61回 「マイノリティ・リポート」

2003年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:マイノリティ・リポート

2003年1月下旬号

劇場公開映画批評:マイノリティ・リポート

2002年12月下旬号

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:グラビア、来日記者会見

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:マイノリティ・舞台裏・リポート

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:監督論

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:サマンサ・モートン インタビュー

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:コリン・ファレル インタビュー

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:フィリップ・K・ディックと映画

巻頭特集 「マイノリティ・リポート」:作品評

2002年11月上旬号

「マイノリティ・リポート」:

2002年10月上旬号

HOT SHOTS:「マイノリティ・リポート」

2002年9月上旬号

HOT SHOTS:「マイノリティ・リポート」