男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アイリス

  • あいりす
  • Iris
  • Iris

amazon


  • 平均評点

    65.8点(82人)

  • 観たひと

    158

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 文芸 / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2001
公開年月日 2002/12/7
上映時間 91分
製作会社 ミラージュ・エンタープライズ=ロバート・フォックス=スコット・ルディン・プロダクション(インターメディア・フィルムズ=BBCフィルムズ=ミラマックス・フィルムズ 提供)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アルツハイマーで苦しんだイギリスの女性作家アイリス・マードックと、夫の愛の生活を描いた実話ドラマ。監督・脚本は演劇界で活躍するリチャード・エア。共同脚本は「恋する予感」のチャールズ・ウッド。原作は、アイリスの夫の文芸評論家ジョン・ベイリーによる『アイリスとの別れ』。撮影は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のロジャー・プラット。音楽は「ビューティフル・マインド」のジェームズ・ホーナー。美術は「ブリジット・ジョーンズの日記」のジェマ・ジャクソン。編集は「ブリジット・ジョーンズの日記」のマーティン・ウォルシュ。衣裳は「プルーフ・オブ・ライフ」のルース・マイヤーズ。出演は「シッピング・ニュース」のジュディ・デンチ、「クイルズ」のケイト・ウィンスレット、「ブリジット・ジョーンズの日記」のジム・ブロードベント、「シャンプー台のむこうに」のヒュー・ボナヴィル、「キャリントン」のペネロープ・ウィルトン、「ノッティングヒルの恋人」のサミュエル・ウェスト、「102」のティモシー・ウェスト、「悪いことしましョ!」のエレノア・ブロンほか。2002年アカデミー賞助演男優賞、英国アカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞ほか受賞。

あらすじ

1950年代、若き日のアイリス(ケイト・ウィンスレット)とジョン(ヒュー・ボナヴィル)はオックスフォード大学で出会う。恋愛経験豊富なアイリスは、モーリス(サミュエル・ウェスト)ら複数の男性と同時に関係を持っていたが、彼女に一目惚れしたジョンの純粋さに惹かれていき、やがて結婚。その後のアイリスは次々と小説を発表し、文学界の寵児となる。そして現在。老人となったアイリス(ジュディ・デンチ)とジョン(ジム・ブロードベント)の愛は穏やかに深まっていたが、そんなある日、アイリスをアルツハイマーが襲う。どんどん物忘れがひどくなっていくアイリスに、混乱しながらも心温かく接するジョン。だが彼一人の看護は限界に達し、ジョンは彼女を施設に入れる決意をする。やがてアイリスは、静かに息を引き取るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2003年3月上旬号

劇場公開映画批評:アイリス

2003年1月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:アイリス

2002年12月下旬号

特集 「アイリス」:リチャード・エア監督 インタビュー

特集 「アイリス」:作品評