男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

至福のとき

  • しふくのとき
  • 幸福時光
  • Happy Times

amazon


  • 平均評点

    75.2点(66人)

  • 観たひと

    116

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 中国
製作年 2002
公開年月日 2002/11/2
上映時間 97分
製作会社 広西映画製作所=珠海振戒会社=北京新画面影業有限会社(サンフラワー 提供)
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

孤独な少女が周囲の愛情に触れ、生きる希望を取り戻していく様を描いた感動作。監督は「初恋のきた道」のチャン・イーモウ。脚本は文学界で活躍するグイ・ズ。原作は「紅いコーリャン」の原作でも知られるモー・イエンの短編小説。撮影のホウ・ヨン、音楽のサン・パオ、編集のチャイ・ルーらは、「初恋のきた道」に続くスタッフ。出演は「始皇帝暗殺」のチャオ・ベンシャン、新人のドン・ジエ、「上海ルージュ」のフー・ピアオほか。

あらすじ

近代化が進む中国の都市、大連。盲目の少女ウー・イン(ドン・ジエ)は、太った継母(ドン・リーファン)と義弟にいじめられながら生きている。ある日、継母に求婚する中年男チャオ(チャオ・ベンシャン)が現われた。“至福旅館”の経営者だというチャオに、継母はウー・インを按摩として働かせるように頼み込む。しかし本当のチャオは工場をリストラされて失業中。何とか結婚したい彼は嘘を隠し、閉鎖中の工場に按摩室を作り、同僚たちに客のふりをしてもらう。仕事をして稼ぐことで、徐々に明るくなっていくウー・イン。チャオも、彼女に娘のような愛情を抱くようになった。チャオと心優しき仲間たちは、ウー・インのために懸命に芝居を続けようとする。だが、ウー・インは彼らの芝居に気づいていた。そして彼らへの感謝の気持ちをテープに録音して残したウー・インは、父親を捜して一人街を力強く歩いていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年12月下旬号

劇場公開映画批評:至福のとき

日本映画紹介/外国映画紹介:至福のとき

2002年11月上旬号

特集 「至福のとき」:チャン・イーモウ監督 インタビュー

特集 「至福のとき」:中国映画界の新星、ドン・ジエ

特集 「至福のとき」:作品評