男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロード・トゥ・パーディション

  • ろーどとぅぱーでぃしょん
  • Road to Perdition
  • Road to Perdition

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.4点(383人)

  • 観たひと

    718

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    41

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2002/10/5
上映時間 119分
製作会社 ザナック・カンパニー(20世紀フォックス映画=ドリームワークス・ピクチャーズ 提供)
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ギャング世界の掟と、父と息子の絆を描いた人間ドラマ。監督・製作は「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。脚本は「13デイズ」のデイヴィッド・セルフ。撮影は「アメリカン・ビューティー」のコンラッド・L・ホール。音楽も「アメリカン・ビューティー」のトーマス・ニューマン。美術は「バーバー」のデニス・ガスナー。編集は「ムーラン・ルージュ」のジル・ビルコック。衣裳は「プリティ・ブライド」のアルバート・ウォルスキー。出演は「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクス、新進子役のタイラー・ホークリン、「メッセージ・イン・ア・ボトル」のポール・ニューマン、「A.I.」のジュード・ロウ、「トゥームレイダー」のダニエル・クレイグ、「アニバーサリーの夜に」のジェニファー・ジェイソン・リー、「アメリカン・スウィートハート」のスタンリー・トゥッチ、「スウィート・ノベンバー」のリーアム・エイケンほか。

あらすじ

1931年冬、イリノイ州ロックアイランドの町。アイルランド系ギャングの殺し屋、マイケル・サリヴァン(トム・ハンクス)は、ボスのジョン・ルーニー(ポール・ニューマン)に息子のように愛されており、ルーニーの実の息子コナー(ダニエル・クレイグ)はそれを苦々しく思っていた。やがてコナーは、サリヴァンの妻アニー(ジェニファー・ジェイソン・リー)と次男ピーター(リーアム・エイケン)の命を奪う。サリヴァンは生き残った長男ジュニア(タイラー・ホークリン)と共にシカゴへ旅立ち、コナーへの復讐を誓う。サリヴァンよりも実の息子の保護を選んだルーニーは、殺し屋マグワイア(ジュード・ロウ)を派遣。やがてサリヴァンは、かつて父のように慕ったルーニーを射殺。コナーも射殺。そしてサリヴァンは息子を連れて海辺の家へ逃げるが、マグワイアに撃たれてしまう。瀕死の状態でマグワイアを射殺するサリヴァンだったが、息子の腕の中で息絶えるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年12月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ロード・トゥ・パーディション

2002年11月上旬号

劇場公開映画批評:ロード・トゥ・パーディション

2002年10月上旬号

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:トム・ハンクス インタビュー

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:サム・メンデス監督 インタビュー

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:映画界をリードするドリームワークス

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:リチャード・D・ザナック インタビュー

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:ディーン・ザナック インタビュー

特集 「ロード・トゥ・パーディション」:作品評

2002年9月下旬号

SPECIAL SELECTION:「ロード・トゥ・パーディション」