男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

まぼろし(2001)

  • まぼろし
  • Sous le Sable
  • Sous le Sable

amazon


  • 平均評点

    74.5点(92人)

  • 観たひと

    175

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2001
公開年月日 2002/9/14
上映時間 95分
製作会社 フィデリテ・プロダクション
配給 ユーロスペース(トライエム=ユーロスペース 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

夫を突然失った中年女性の喪失感を詩的なタッチで描く。監督・脚本は「焼け石に水」のフランソワ・オゾン。出演は「スパイゲーム」のシャーロット・ランプリング、「父よ」のブリュノ・クレメール、「アルテミシア」のジャック・ノロ、「フランティック」のアレクサンドラ・スチュワルトほか。

あらすじ

マリー(シャーロット・ランプリング)とジャン(ブリュノ・クレメール)は、幸せに連れ添って25年になる50歳代の夫婦。例年の夏のように、フランス南西部のランド地方にヴァカンスにやってきた2人だったが、マリーが浜辺で昼寝している間に、夫が突然消えてしまう。大きなショックを受けたマリーは、パリに戻っても、ジャンとの日常生活が続いているような会話をし、ジャンの幻覚を見て暮らしていく。やがて彼女は、出版社を経営する男性ヴァンサン(ジャック・ノロ)とベッドを共にするようになるが、違和感を覚えるばかり。そんなある日、警察からジャンと思われる水死体が見つかったと連絡が入る。死体確認のため、マリーはランドへ。ほぼジャンに間違いないと説明する法学医に対し、遺物の時計が夫のものではないと正気を失ったように笑い出す彼女。そしてマリーは海岸に行き、初めて泣く。やがて遠くの海岸線にジャンらしき男性のシルエットを見た彼女は、そのまぼろしに向かって砂浜を走り出すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年11月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:まぼろし

2002年10月下旬号

劇場公開映画批評:「まぼろし」

2002年10月上旬号

特集 「まぼろし」:フランソワ・オゾン監督論

特集 「まぼろし」:シャーロット・ランプリング インタビュー

特集 「まぼろし」:作品評