男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブレッド&ローズ

  • ぶれっどあんどろーず
  • Bread and Roses
  • Bread and Roses

amazon


  • 平均評点

    74.1点(15人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 イギリス ドイツ スペイン
製作年 2000
公開年月日 2002/8/31
上映時間 110分
製作会社 ブリティッシュ・スクリーン=フィルム・フォー
配給 シネカノン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ロサンゼルスで生きる中南米からの移民の労使間闘争にスポットを当てた社会派ドラマ。監督は「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のケン・ローチ。脚本は同じく「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のポール・ラヴァティ。撮影はローチ作品の常連であるバリー・エイクロイド。音楽も最近のローチ作品の常連であるジョージ・フェントン。出演はこれが映画デビューとなるピラール・パディージャ、「彼女を見ればわかること」のエルピディア・カリージョ、「サマー・オブ・サム」のエイドリアン・ブロディほか。

あらすじ

ある夜、マヤ(ピラール・パディージャ)は故郷メキシコの国境を越え、ロスに住む姉ローサ(エルピディア・カリージョ)の家に身を寄せる。オフィス街のビルでローサと同じ清掃の仕事を始めた彼女は、ある日、若いアメリカ人の労働組合活動家サム(エイドリアン・ブロディ)と運命的な出会いを果たす。熱心なサムは雇用者に対するゲリラ活動にマヤとローサを誘い、マヤはサムへの憧れと雇用者の不当な扱いに対する憤りから彼と行動を共にし、組合活動に傾倒していく。闘争の輪は次第に大きく広がって行くが、それは背中合わせの危険も大きくなっている事を意味していた。やがて貧しくも平穏な生活を望む姉との間に亀裂が生じ始め、遂にローサはマヤに、家族の生活のために売春していたことを告げ、マヤは大きなショックを受ける。そして闘争は拡大し、雇用者との対決も大詰めとなり、ついに会社は彼らの要求を受け入れた。しかしマヤは、友人のルーベン(アロンソ・チャヴェス)のためにガソリンスタンドで金を盗んだのがバレてしまい、強制送還されることになってしまう。やがてそのバスに乗り込んだマヤを、ローサは追いかけてきて言葉を交わし、互いの絆を確かめ合うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年10月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ブレッド&ローズ

2002年10月上旬号

劇場公開映画批評:ブレッド&ローズ