男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トータル・フィアーズ

  • とーたるふぃあーず
  • The Sum of All Fears
  • The Sum of All Fears
  • 平均評点

    62.1点(116人)

  • 観たひと

    235

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2002
公開年月日 2002/8/10
上映時間 124分
製作会社 メイス・ニューフェルド
配給 東宝東和(博報堂=東宝東和=パラマウント・ピクチャーズ 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ベン・アフレック Jack Ryan
モーガン・フリーマン William Cabot
ジェームズ・クロムウェル resident Fowler
リーヴ・シュレイバー John Clark
アラン・ベイツ Richard Dressier
フィリップ・ベーカー・ホール Defence Secretary Becker
ロン・リフキン Secretary of State Owens
ブルース・マクギル national Security Adviser Revell
シアラン・ハインズ President Nemerov
ブリジット・モイナハン Dr. Cathy Muller

解説

アメリカとロシアが牽制しあう中で核の恐怖が高まっていく政治サスペンス。監督は「スニーカーズ」のフィル・アルデン・ロビンソン。製作総指揮・原作は、本作『恐怖の総和』を含むジャック・ライアンシリーズのベストセラー小説家、トム・クランシー。脚本は「フェイク」のポール・アタナシオと、『マーローを探せ!』(V)のダニエル・パイン。撮影は「カラー・オブ・ハート」のジョン・リンドレー。音楽は「スパイダー」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「ワンダー・ボーイズ」のジャニーニ・オッペウォール。編集は「スパイダー」のニール・トラヴィス。出演は「パール・ハーバー」のベン・アフレック、「ハイ・クライムズ」のモーガン・フリーマン、「スペース・カウボーイ」のジェームズ・クロムウェル、「ニューヨークの恋人」のリーヴ・シュライバー、「ゴスフォード・パーク」のアラン・ベイツ、「英雄の条件」のフィリップ・ベーカー・ホール、「マジェスティック」のロン・リフキン、「アリ」のブルース・マッギル、「ロスト・サン」のシアラン・ハインズ、「コヨーテ・アグリー」のブリジット・モイナハンほか。

あらすじ

ジャック・ライアン(ベン・アフレック)は、研修医の恋人キャシー(ブリジット・モイナハン)に内緒で、CIAでロシア担当の情報分析官をしている。ロシアの現職大統領が急逝し、新大統領の座にネメロフ(シアラン・ハインズ)がついたことでライアンは緊急に招集され、CIA長官のウィリアム・キャボット(モーガン・フリーマン)と共にロシアへ飛ぶ。次の日曜日、ライアンはホワイトハウス主催のパーティーに出席していたが、ファウラー米大統領(ジェームズ・クロムウェル)のスピーチのあと、ロシアがチェチェンの首都に毒ガス攻撃を仕掛けたことを知る。ライアンはこれがネメロフの指令であることを否定するが、しかしネメロフはテレビで自分の決断であることをコメント。だがライアンの読みは正しく、チェチェン攻撃はロシア軍の不満分子が命じたものだった。ネメロフの真意を理解したライアンは、スーパーボウルの試合が行なわれているボルチモアに核爆弾が持ち込まれた可能性があることに気づくが、スタジアムの上空には巨大なキノコ雲が。この惨劇にロシアが関与していないことをネメロフは発表するが、アメリカの首脳陣はロシアへの疑いを募らせ、両国の警戒態勢は最高レベルの緊張に達する。だが爆心地にいたライアンは、やがて、ドレスラー(アラン・ベイツ)というオーストリア人のネオ・ファシストが米・露を衝突させる目的でボルチモアに爆弾を持ち込んだことを突き止める。彼は決死の覚悟で国防総省に乗り込み、その真実を伝え、見事核戦争の危機を回避させるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年10月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:トータル・フィアーズ

2002年9月上旬号

劇場公開映画批評:トータル・フィアーズ

2002年8月上旬号

特集 「トータル・フィアーズ」:ベン・アフレック インタビュー

特集 「トータル・フィアーズ」:モーガン・フリーマン インタビュー

特集 「トータル・フィアーズ」:フィル・アルデン・ロビンソン インタビュー

特集 「トータル・フィアーズ」:『ジャック・ライアン』シリーズ検証

特集 「トータル・フィアーズ」:作品評