男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カンダハール

  • かんだはーる
  • Safar E Gandehar
  • Safar E Gandehar

amazon


  • 平均評点

    69.7点(28人)

  • 観たひと

    48

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イラン フランス
製作年 2001
公開年月日 2002/1/12
上映時間 85分
製作会社 マフマルバフ・フィルム・ハウス=バック・フィルムズ
配給 オフィスサンマルサン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アフガニスタンで貧窮の中に生きる人々の実相を詩的な映像で描き出した作品。監督・脚本・編集は「サイレンス」のモフセン・マフマルバフ。出演はジャーナリストのニルファー・パズィラほか。2001年カンヌ国際映画祭エキュメニック賞(国際キリスト教会審査員賞)、同年ユネスコ〈フェデリコ・フェリーニ〉メダル、同年テサロニキ映画祭国際批評家賞受賞。

あらすじ

アフガニスタンからカナダに亡命した女性ジャーナリストのナファス(ニルファー・パズィラ)は、ある日、地雷で片足を失ったため祖国に残した妹から、20世紀最後の皆既日食の前に自殺するつもりだという絶望の手紙を受け取った。日食まであと3日、ナファスはカンダハールの街に住む妹を救うため、イランからアフガニスタンの国境を越える。彼女は、イラン国境のアフガン難民、神学校を放校された少年ハク(サドュー・ティモリー)、ソ連と戦うためにアフガンに来ながらも今は住民の診療を続けるブラック・ムスリムのアメリカ人サヒブ(ハッサン・タンタイ)らと交流しつつ旅を続け、タリバンの教育、女性差別に飢餓と貧困、地雷問題など、アフガニスタンの厳しい現実を目の当たりにしていく。そしていよいよカンダハールが近づき、ナファスは花嫁行列に紛れ込んで検問所を突破しようとするものの、検問員から厳しい取り調べを受けてしまうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年6月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:カンダハール

2002年4月上旬号

劇場公開映画批評:カンダハール

2002年2月上旬号

特別対談2 「カンダハール」:ニルファー・パズィラ×田嶋陽子

2002年1月上旬新年特別号

特集 「カンダハール」:中村敦夫の提言 アフガンをどうとらえるか

特集 「カンダハール」:マフマルバフという作家