男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バーバー

  • ばーばー
  • The Man Who Wasn't There
  • The Man Who Wasn't There

amazon


  • 平均評点

    73.0点(228人)

  • 観たひと

    423

  • 観たいひと

    49

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2001
公開年月日 2002/4/27
上映時間 116分
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ(USAフィルムズ 提供)
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

冴えない床屋の数奇な運命をスタイリッシュな映像で描いた作品。監督・脚本は「オー・ブラザー!」のジョエル・コーエン。製作・脚本は彼の実弟でずっとコンビを組むイーサン・コーエン。撮影はコーエン作品の常連でもある、「ビューティフル・マインド」のロジャー・ディーキンズ。音楽は「ロック・ユー!」のカーター・バーウェル。美術は「オー・ブラザー!」のデニス・ガスナー。出演は「バンディッツ」のビリー・ボブ・ソーントン、「あの頃ペニー・レインと」のフランシス・マクドーマンド、「オー・ブラザー!」のマイケル・バダルコ、「ザ・メキシカン」のジェームズ・ガンドルフィーニ、「天井桟敷のみだらな人々」のキャサリン・ボロウィッツ、「テイラー・オブ・パナマ」のジョン・ポリト、「ゴーストワールド」のスカーレット・ヨハンスン、「ジュエルに気をつけろ」のリチャード・ジェンキンス、「クローン」のトニー・シャルーブ、「A.I.」のアダム・アレクシ=モールほか。2001年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞、同年ナショナル・ボード・オブ・レヴュー最優秀主演男優賞、同年ロサンゼルス映画批評家協会最優秀撮影賞ほか多数受賞。

あらすじ

1949年夏、北カリフォルニアのサンタ・ローザ。エド・クレイン(ビリー・ボブ・ソーントン)は、義兄フランク(マイケル・バダルコ)の経営する小さな理髪店で働く床屋。妻ドリス(フランシス・マクドーマンド)はデパートの帳簿係で、店のオーナーであるデイヴ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)と深い関係にあった。ある日、理髪店にセールスマン、トリヴァー(ジョン・ポリト)がやってくる。彼はベンチャー・ビジネスの話をエドにした。エドはドリスとの不倫をネタにデイヴへ脅迫状を送り、1万ドルを手にしてトリヴァーと契約する。しかし脅迫状の送り主だということがデイヴにバレたエドは、思わずデイヴを刺殺。が、デイヴの殺人容疑で逮捕されたのはドリスだった。エドは腕利きの弁護士リーデンシュナイダー(トニー・シャルーブ)を雇うが、ドリスは自殺。トリヴァーとも連絡がつかないエドは、知り合いの弁護士の娘であるバーディ(スカーレット・ヨハンスン)に心の安らぎを求め、ピアノが好きな彼女をサンフランシスコの音楽教師のもとへ連れていく。だが彼女の演奏は認められず、帰りの車中、今回の結果を詫びるエドにバーディは女として迫り、そのまま交通事故。病院で目を覚ましたエドは、その場で殺人容疑により逮捕。真相がバレてしまった彼は、死刑を宣告されてしまう。死刑室に向かうエド。だが彼の心は安らかで、何一つ後悔していないと自分の人生を振り返るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年7月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:バーバー

2002年6月下旬号

劇場公開映画批評:バーバー

2002年5月上旬号

特集 「バーバー」:ジョエル&イーサン・コーエン兄弟 インタビュー

特集 「バーバー」:エッセイ

特集 「バーバー」:作品評