男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハリー・ポッターと賢者の石

  • はりーぽったーとけんじゃのいし
  • HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE
  • HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    76.2点(983人)

  • 観たひと

    2280

  • 観たいひと

    32

  • レビューの数

    61

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2001
公開年月日 2001/12/1
上映時間 152分
製作会社 1492ピクチャーズ=ヘイデイ・フィルムズ=ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

孤児の少年が魔法使いとして成長していく様を描くファンタジー。監督・製作総指揮は「アンドリューNDR114」のクリス・ コロンバス。脚本は「ワンダー・ボーイズ」のスティーヴ・クローヴス。原作はJ・K・ローリングの大ベストセラー小説。撮影は「リプリー」のジョン・シール。音楽は「A.I.」のジョン・ウィリアムス。美術は「バガー・バンスの伝説」のスチュアート・クレイグ。出演は「テイラー・オブ・パナマ」のダニエル・ラドクリフ、オーディションで選ばれたルパート・グリント、エマ・ワトソン、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のロビー・コルトレーン、「グラディエーター」のリチャード・ハリス、「ギャラクシー・クエスト」のアラン・リックマン、「ムッソリーニとお茶を」のマギー・スミス、「スリーピー・ホロウ」のリチャード・グリフィス、「ことの終わり」のイアン・ハート、「コレリ大尉のマンドリン」のジョン・ハートほか。

あらすじ

孤児のハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、亡くなった母親の妹であるペチュニアおばさん(フィオナ・ショー)とその夫のバーノンおじさん(リチャード・グリフィス)、息子ダドリー(ハリー・メリング)の一家に引き取られていたが、彼らに抑圧されたみじめな生活。しかし11歳の誕生日が近づいたある日、ハリーに手紙が届く。それは魔法魔術学校の入学許可証だった。実はハリーの両親は優れた魔法使いで、悪の魔法使いヴォルデモートとの戦いの際に死んでしまったのだ。その遺児であるハリーも魔法界では有名人。真実を知らされたハリーは、9月の最初の日、ロンドンのキングズ・クロス駅からホグワーツ特急に乗って学校へ向かうと、その中で同級生の少女ハーマイオニー(エマ・ワトソン)やロン(ルパート・グリント)とさっそく仲良くなった。ホグワーツに着いた彼らは、立派な魔法使いになるための厳しい勉強と修行の日々を過ごす。その学校生活にひとつ影を落とすのが、意地の悪い先生スネイプ(アラン・リックマン)。そしてある時、悪者の手に渡れば世界を混乱に陥れかねない賢者の石が学校の中に隠される。ハリーと仲間たちは、それを悪の手から守るべく奮闘し、見事優秀な成績をおさめる。そして1学年を終えた彼らは、再び列車に乗り込み家路につくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年3月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ハリー・ポッターと賢者の石

2002年2月下旬決算特別号

HOT SHOTS:「ハリー・ポッターと賢者の石」

2002年2月上旬号

劇場公開映画批評:ハリー・ポッターと賢者の石

2001年12月下旬号

特集 「ハリー・ポッターと賢者の石」:原作者 J・K・ローリングより

特集 「ハリー・ポッターと賢者の石」:ロンドン・プレミアで監督・役者に聞く

特集 「ハリー・ポッターと賢者の石」:作品評

2001年12月上旬号

キネ旬SPECIAL SELECTION:「ハリー・ポッターと賢者の石」