男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

耳に残るは君の歌声

  • みみにのこるはきみのうたごえ
  • The Man Who Cried
  • The Man Who Cried

amazon


  • 平均評点

    66.0点(117人)

  • 観たひと

    274

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 歴史劇
製作国 イギリス フランス
製作年 2000
公開年月日 2001/12/15
上映時間 97分
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ=アドヴェンチャー・ピクチャーズ(ストゥーディオ・キャナル=ユニヴァーサル・ピクチャーズ 提供)
配給 アスミック・エース(アスミック・エース エンタテインメント=角川書店)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ユダヤ人の娘が激動の時代を渡り歩いてゆく様を、多くの歌曲と共に描いた大河ドラマ。監督・脚本・音楽監修は「タンゴ・レッスン」のサリー・ポッター。撮影は、これが遺作となった「81/2の女たち」のサッシャ・ヴィエルニー。衣裳は「トゥームレイダー」のリンディ・ヘミング。出演は「スリーピー・ホロウ」のクリスティーナ・リッチ、同じく「スリーピー・ホロウ」にも主演した「ブロウ」のジョニー・デップ、「ギフト」のケイト・ブランシェット、「愛のエチュード」のジョン・タトゥーロ、「グリーン・マイル」のハリー・ディーン・スタントン、「ミュート・ウィットネス」のオレグ・ヤンコフスキーほか。

あらすじ

1927年、ロシア。ユダヤ人の少女フィゲレ(クローディア・ランダー・デューク)は、村を襲った暴動から逃れ、父親(オレグ・ヤンコフスキー)とも別れて、ロンドンへ。スージーと名付けられた彼女(クレスティーナ・リッチ)は、10年後、コーラス・ガールとしてパリで働くことに。美しく野心家のロシア人ダンサー、ローラ(ケイト・ブランシェット)と知り合い、アリアの名手であるイタリア人オペラ歌手ダンテ(ジョン・タトゥーロ)の美声に惹かれるもののその人間性に失望した彼女は、やがてジプシーの青年チェーザー(ジョニー・デップ)と恋におちる。だがナチスによる第二次大戦の影が、パリにも迫ってきた。スージーはチェーザーと別れの夜を過ごし、ローラと共にニューヨーク行きの船に乗る。ところが船は、ドイツ軍の攻撃により撃沈。スージーは助かったが、ローラは死亡。ニューヨークでまたひとりぼっちとなったスージーは、父を探してハリウッドまで行く。そしてついに、瀕死の老人となっていた父と再会を果たすのであった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:耳に残るは君の歌声

2001年12月下旬号

特集 「耳に残るは君の歌声」:クリスティーナ・リッチ インタビュー

特集 「耳に残るは君の歌声」:ケイト・ブランシェット インタビュー

特集 「耳に残るは君の歌声」:ジョン・タトゥーロ インタビュー

特集 「耳に残るは君の歌声」:サリー・ポッター監督論

特集 「耳に残るは君の歌声」:作品評