男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アメリ

  • あめり
  • Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain
  • Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain

amazon


  • 平均評点

    76.9点(1118人)

  • 観たひと

    2096

  • 観たいひと

    162

  • レビューの数

    100

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 2001
公開年月日 2001/11/17
上映時間 121分
製作会社 クローディー・オサール=UGC
配給 アルバトロス・フィルム(ニューセレクト=テレビ東京=博報堂 提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

変り者の男女の出会いを華麗な映像で描くラヴ・ストーリー。監督は「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネ。脚本は同じく「エイリアン4」のギョーム・ローラン。出演は「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」のオドレイ・トトゥ、「アサシンズ」(監督も)のマチュー・カソヴィッツ、「聖なる酔っぱらいの伝説」のドミニク・ピノン、「シリアル・ラヴァー」のイザベル・ナンティほか。2001年カルロヴィヴァリ国際映画祭グランプリ受賞。

あらすじ

少女の頃から空想の世界で遊ぶのが好きだった22歳のアメリ(オドレイ・トトゥ)。古いアパートで一人暮らししながらモンマルトルのカフェで働く彼女は、他人を少しだけ幸せにするお節介を焼くのが楽しみ。そんなある日、遊園地のお化け屋敷とセックスショップで働く不思議な青年ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に出会う。彼の、スピード写真のブース周辺に捨てられた写真をストックしたアルバムを拾ったアメリは、悪戯を仕掛けようとするうち、ニノに恋してしまう。しかし内気なアメリは恋に真正面から向き合うことができず、かくれんぼのような駆け引きが続くのだが、やがて素直になり、ニノの腕の中に飛び込んで自分の幸せを見つけるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2002年2月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:アメリ

2001年12月下旬号

劇場公開映画批評:アメリ

2001年11月下旬号

巻頭特集 「アメリ」:オドレイ・トトゥ インタビュー

巻頭特集 「アメリ」:女優論

巻頭特集 「アメリ」:ジャン=ピエール・ジュネ監督 インタビュー

巻頭特集 「アメリ」:サントラ評

巻頭特集 「アメリ」:パトリス・ルコント監督 インタビュー

巻頭特集 「アメリ」:作品評&監督論

巻頭特集 「アメリ」:フランス映画事情