男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブリジット・ジョーンズの日記

  • ぶりじっとじょーんずのにっき
  • Bridget Jones's Diary
  • Bridget Jones's Diary

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.5点(620人)

  • 観たひと

    1265

  • 観たいひと

    71

  • レビューの数

    66

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2001
公開年月日 2001/9/22
上映時間 97分
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ(ユニバーサル映画=ミラマックス・フィルムズ=スタジオ・カナル 提供)
配給 UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

30歳代独身女性の日々を描いた英国ベストセラー小説の映画化。監督はこれが劇映画デビューとなるシャロン・マグワイア。製作総指揮・脚本・原作は、ジャーナリストのヘレン・フィールディング。撮影は「プリティ・ブライド」のスチュアート・ドライバーグ。音楽は「恋の骨折り損」のパトリック・ドイル。出演は「ベティ・サイズモア」のレニー・ゼルウィガー、「恋するための3つのルール」のヒュー・グラント、「恋におちたシェイクスピア」のコリン・ファース、「オスカー・ワイルド」のジェマ・ジョーンズ、「ブロードウェイと銃弾」のジム・ブロードベントほか。

あらすじ

ロンドン。出版社に勤める32歳の独身女性ブリジット(レニー・ゼルウィガー)は、ダイエットと恋愛が目下の関心事。そんな彼女が出版記念パーティーの夜、セクシーな上司ダニエル(ヒュー・グラント)と急接近。しかし、彼はとんだ浮気男で、その浮気相手であるアメリカ人の同僚と婚約してしまった。傷心のブリジットは会社をやめ、リポーターに転職する。やがて友人夫妻に呼ばれた夕食会で、ブリジットは以前紹介されたバツイチの弁護士マーク(コリン・ファース)に再会。彼は恋人連れだったが、ブリジットに好意を示した。そしてブリジットの33歳の誕生日の夜、彼女の家に祝いに来てくれたマークといいムードになるが、そこへ突然ダニエルがやってきて、彼女に許しを乞い、熱烈に愛を告白する。それに激怒したマークは、ダニエルと大ゲンカを繰り広げる。やがてクリスマス。マークの実家のパーティーで、彼の父親が息子の渡米と婚約を発表したが、それを聞いたブリジットは、思わず異議を申し立てる。それをきっかけにブリジットとマークは急接近、めでたく結ばれるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年6月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

2005年4月下旬号

劇場公開映画批評:ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

2005年3月下旬号

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:ブリジット・ジョーンズを読み解く

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:ヒュー・グラント インタビュー

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:ビーバン・キドロン監督 インタビュー

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:コリン・ファース インタビュー

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:製作会社「ワーキング・タイトル」について

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」:作品評

2001年11月上旬号

劇場公開映画批評:ブリジット・ジョーンズの日記

2001年9月下旬号

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記」:レニー・ゼルウィガー インタビュー

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記」:プロデューサー エリック・フェルナー インタビュー

特集 「ブリジット・ジョーンズの日記」:男も女も知りたいのはお互いのホンネ