男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

セイブ・ザ・ラストダンス

  • せいぶざらすとだんす
  • Save the Last Dance
  • Save the Last Dance

amazon


  • 平均評点

    72.3点(13人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2001
公開年月日 2001/8/11
上映時間 113分
製作会社 パラマウント・ピクチャーズ=MTVフィルムズ=コート・マッデン・プロダクション
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1人の少女が恋愛を通じて成長していく様をエネルギッシュなダンスと共に描いたラブ・ストーリー。監督は「ネゴシエーター」のトーマス・カーター。音楽は「ザ・ダイバー」のマーク・アイシャム。出演は「ハムレット」(00)のジュリア・スタイルズ、「クルーエル・インテンションズ」のショーン・パトリック・トーマス、「クロッカーズ」のフレドロ・スター、「オーバー・ザ・ムーン」のテリー・キニーほか。

あらすじ

イリノイ州の田舎町で育ったサラ(ジュリア・スタイルズ)は、バレエを愛し、名門ジュリアード音楽院への進学を夢見ている。しかし、オーディションの最中に母が交通事故死。自分のせいで母を失ったと思い込んだ彼女は夢をあきらめ、幼い頃に別れたミュージシャンの父ロイ(テリー・キニー)とシカゴで全く新しい生活をはじめる。ほとんどが黒人の占める高校で、ようやく人気者の少女シェニール(ケリー・ワシントン)と親しくなるサラ。そして、彼女の弟でダンスのうまいデレク(ショーン・パトリック・トーマス)は、母の死を引きずるサラをヒップホップの世界へと連れ出し、2人は互いに惹かれ合っていく。デレクは白人女性との恋を、かつての恋人ニッキー(ビアンカ・ローソン)や幼なじみで今はギャングになっている親友マラカイ(フレドロ・スター)など、周囲から激しく非難される。それでもデレクはサラを支え続け、やがて彼女は再びオーディションに臨み、力いっぱい踊るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年8月下旬号

新作紹介:セイブ・ザ・ラストダンス