男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロマンスX

  • ろまんすえっくす
  • Romance
  • Romance

amazon


  • 平均評点

    55.4点(9人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    0

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1998
公開年月日 2001/6/30
上映時間 95分
製作会社 C.B.フィルムズ
配給 プレノンアッシュ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

満たされない心と体を抱えた女性の愛の彷徨を描く衝撃作。監督・脚本は「堕ちてゆく女」のカトリーヌ・ブレイヤ。撮影は「永遠と一日」のヨルゴス・アルヴァニティス。出演は『Trop de Bonheur』のキャロリー ヌ・デュセイほか。

あらすじ

小学校教師のマリー(キャロリーヌ・デュセイ)は、モデルのポール(サガモア・ステヴナン)と付き合って3ヵ月。だが早くも2人の関係はぎくしゃくし、もはやポールはマリーの体に触れることさえない。満たされないマリーは夜中に車を走らせ、バーで出会ったパオロ(ロッコ・シフレディ)とすぐに関係を持つ。さらに、自分の学校の校長ロベール(フランソワ・ベルレアン)と密やかな性の遊戯を繰り返すマリー。そんなある晩、帰宅したマリーをポールは珍しく抱き寄せるが、マリーのひと言に激怒し、彼女を殴り倒す。だがマリーは、その夜ポールの子を妊娠し、出産を決意。最初は妊娠を喜んだポールだが、やがて荒れていき、陣痛が始まった朝も酔いつぶれて起きない。マリーは、家を出る前にガス栓を次々に開いていく。そして病院で出産。同じ頃、ポールは自宅で爆死してしまうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年8月下旬号

劇場公開映画批評:ロマンスX

2001年7月下旬号

HOT SHOTS:キャロリーヌ・デュセイ(「ロマンスX」)

2001年7月上旬号

新作紹介:ロマンスX

2001年5月上旬号

特別企画1 観たい!知りたい!今、スゴイのは女の性:性を描く最新作情報「ロマンスX」「隣の女」