男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ

  • せしるびーざしねまうぉーず
  • Cecil B.Demented
  • Cecil B.Demented

amazon


  • 平均評点

    69.2点(24人)

  • 観たひと

    60

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ フランス
製作年 2000
公開年月日 2001/4/28
上映時間 88分
製作会社 ポーラー・エンタテインメント
配給 プレノンアッシュ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

メジャー映画を糾弾するテロリスト集団を描いた異色コメディ。監督・脚本は「I Love ペッカー」のジョン・ウォーターズ。撮影はロバート・スティーヴンス。音楽はゾーイ・ポルドーリスとバジル・ポルドーリス。音楽総指揮はクリストファー・ブルックス。美術はヴィンセント・ペラーニョ。衣裳はヴァン・スミス。出演は「ウィズアウト・ユー」のスティーヴン・ドーフ、「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のメラニー・グリフィス、「フォー・ルームス」のアリシア・ウィット、「セレブリティ」のエイドリアン・グルニアー、ウォーターズ作品常連のミンク・ストール、リッキー・レイク、パトリシア・ハーストほか。

あらすじ

ボルティモアの映画館。とある映画のプレミア舞台挨拶に訪れたハリウッド女優ハニー・ホィットロック(メラニー・グリフィス)は、突如謎の一味に誘拐される。その一味とは、セシル・B・ディメンテッド(スティーヴン・ドーフ)率いる映画狂集団スプロケット・ホールズ。メンバー全員が敬愛する監督の名前を体に刻み込み、拝金主義、良識主義の腐った映画を撲滅しようと唱えるテロリスト・グループだ。彼らは自分たちの映画「狂える美女」の製作を企て、主演女優としてハニーに白羽の矢を勝手に立てたのである。その後、彼らは究極のリアリティを求めて決死のゲリラ撮影を繰り広げていく。最初はいやいや参加していたハニーも、やがて彼らに賛同してイキイキしはじめてきた。そして最後のロケ地、ハニーの主演3本立てをオールナイトで上映しているドライヴ・イン・シアター。狂乱の中で撮影は終了するが、彼らは警察に包囲されていた。群衆が見守る中、高らかに勝利を宣言し、焼身自殺を遂げるセシル。そして野次馬の中を連行されていくハニーは、微笑みをたたえ、大女優の顔になって堂々と歩いてゆくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年6月下旬号

外国映画紹介:セシル B ザ・シネマ・ウォーズ

2001年6月上旬号

劇場公開映画批評:セシル・B・ ザ・シネマ・ウォーズ

2001年5月上旬号

特別対談 ジョン・ウォーターズ×田口トモロヲ(「セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ」):

HOT SHOTS:スティーヴン・ドーフ(「セシル・B ザ・シネマ・ウォーズ」)

2001年4月下旬号

新作紹介:セシル・B・ ザ・シネマ・ウォーズ