男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

偶然の恋人

  • ぐうぜんのこいびと
  • Bounce
  • Bounce

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.4点(80人)

  • 観たひと

    161

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2000
公開年月日 2001/3/3
上映時間 106分
製作会社 スティーヴ・ゴリン&マイケル・ベスマン・プロダクション
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

皮肉な運命で出会った男と女を描くラヴ・ストーリー。監督・脚本は『熟れた果実』(V)のドン・ルース。撮影は「8mm」のロバート・エルスウィット。音楽はマイケル・ダナ。音楽監修はランドール・ポスター。美術は「ジャッキー・ブラウン」のデイヴィッド・ワスコ。出演は「レインディア・ゲーム」のベン・アフレック、「リプリー」のグウィネス・パルトロウ、「ホワット・ライズ・ビニース」のジョー・モートン、「スピーシーズ2」のナターシャ・ヘンストリッジ、「シックス・デイ」のトニー・ゴールドウィンほか。

あらすじ

クリスマスも近いある日。ロサンゼルスの広告代理店に勤めるバディ(ベン・アフレック)は、出張先の空港で飛行機が欠航となり足止めを食らう。その合間、脚本家のグレッグ(トニー・ゴールドウィン)と知り合い意気投合。バディの便はまもなく出発することになるが、家族の元へと急ぐグレッグにチケットを譲るのだった。しかし、その便は墜落事故となりグレッグは死亡。それから数ヵ月後、罪悪感に苛まれたバディは酒に溺れ、アル中になってしまう。リハビリ施設で健康を取り戻したバディは、グレッグの残された家族を訪ねるのだが、二人の子供を抱えながら悲しみを乗り越え生きる彼の妻アビー(グウィネス・パルトロウ)に惹かれ、正体を告げぬまま親密になっていく。バディはいよいよ真実をアビーに告げようとするが、その直前に、事故当日バディと一夜を過ごした女性、ミミ(ナターシャ・ヘンストリッジ)がアビーに知らせてしまい、アビーは激怒する。しかしアビーは、バディも自分と同じく、辛い経験から立ち直ろうとしていることを理解し、やがて2人は新しい恋に向かって歩き出すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年4月下旬号

外国映画紹介:偶然の恋人

2001年4月上旬特別号

劇場公開映画批評:偶然の恋人

2001年3月上旬号

作品特集 「偶然の恋人」:グウィネス・パルトロウ インタビュー

作品特集 「偶然の恋人」:ベン・アフレック インタビュー

作品特集 「偶然の恋人」:恋愛映画論

作品特集 「偶然の恋人」:作品評

新作紹介:偶然の恋人