男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビッグ・ママス・ハウス

  • びっぐまますはうす
  • Big Momma's House
  • Big Momma's House

amazon


  • 平均評点

    66.6点(40人)

  • 観たひと

    63

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2000
公開年月日 2001/2/17
上映時間 99分
製作会社 デイヴィッド・T・フレンドリー/ランデルダット・エンタテインメント プロダクション
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

変装名人のFBI捜査官が大暴れするコメディ。監督は「25年目のキス」のラジャ・ゴズネル。脚本は『ソルジャー・ボーイズ』(V)のダリル・クォールズ。出演は「ナッシング・トゥ・ルーズ」のマーティン・ローレンス、「スティグマータ/聖痕」のニア・ロング、「マン・オン・ザ・ムーン」のポール・ジャマッティ、「エネミー・オブ・アメリカ」のジャーシャ・ワシントン、「完全犯罪」のテレンス・ハワード、「ふたりの男とひとりの女」のアンソニー・アンダーソンほか。

あらすじ

FBI捜査官のマルコム(マーティン・ローレンス)は変装の名人で、パートナーのジョン(ポール・ジャマッティ)と名コンビぶりを発揮し犯罪捜査に当たっていた。ある日、医者を殺害した囚人レスター(テレンス・ハワード)が刑務所から逃亡。マルコムたちは、レスターの恋人シェリー(ニア・ロング)の73歳になる祖母ビッグ・ママ(エラ・ミッチェル)の家を張り込むことになる。そしてついに、助産婦の仕事をしているビッグ・ママが往診に出た夜、家にシェリーから電話が。マルコムはビッグ・ママの声色で彼女を呼び出し、さっそく変装を開始。一夜にして肥満体のビッグ・ママに化け、シェリーと対面するが、むろん会話は巧く噛み合わない。それでもマルコムはビッグ・ママのふりを貫き通し、シェリーの息子のトレント(ジャーシャ・ワシントン)のために料理を作ったりする。そしてマルコムは、レスターのことを探ろうとシェリーを尾行しているうち、トレントと仲良しになり、さらにシェリーに恋してしまう。やがて家の中から、レスターが捕まる前に隠していた盗んだ金と株券が無事見つかった。マルコムは思わずシェリーにキスするのだが、そんな時、本物のビッグ・ママ、そして金と株券を取り戻しにきたレスターが家に帰ってきて、大混戦に陥るのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年4月上旬特別号

外国映画紹介:ビッグ・ママス・ハウス

2001年2月下旬決算特別号

新作紹介:ビッグ・ママス・ハウス

2001年2月上旬号

作品特集 「ビッグ・ママス・ハウス」:作品評

作品特集 「ビッグ・ママス・ハウス」:新世代のブラック・スター

2000年12月下旬号

2001年冬、笑えてジーンとくるおすすめ映画2本:ビッグ・ママス・ハウス