男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

私が愛したギャングスター

  • わたしがあいしたぎゃんぐすたー
  • Ordinary Decent Criminal
  • Ordinary Decent Criminal

amazon


  • 平均評点

    67.2点(25人)

  • 観たひと

    58

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス アイルランド
製作年 1999
公開年月日 2000/12/16
上映時間 95分
製作会社 ア・リトル・バード・プロダクション=タット・フィルム=トリガー・ストリート・プロダクション
配給 アミューズピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アイルランドの愛すべき大泥棒が活躍するピカレスク・ムーヴィー。監督は「ナッシング・パーソナル」のサディウス・オサリヴァン。脚本はジェラルド・ステムブリッジ。撮影は「プラクティカル・マジック」のアンドリュー・ダン。音楽は人気ロック・バンド、ブラーのヴォーカリストであるデーモン・アルバーン。出演は「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー、「ドグマ」のリンダ・フィオレンティーノ、「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のピーター・ミュランほか。

あらすじ

ダブリンの街。マイケル・リンチ(ケヴィン・スペイシー)は、街では有名な強盗団のボスだ。スティーヴィー(ピーター・ミュラン)やトニー(デイヴィッド・ハイマン)らの信頼できる仲間と共に犯罪を繰り返す彼は、金そのものには興味がなく、挑発的な態度で体制や金持ちをからかうのが目的だった。それゆえ街の大衆からは人気があった。犯罪に関しては切れ者のリンチも、家に帰れば妻クリスティーン(リンダ・フィオレンティーノ)を愛す良き夫であり、子供たちの良き父親。しかもクリスティーンは自分の妹リサ(ヘレン・バクセンデール)のことも彼の妻だと認めており、リンチは2軒を行ったり来たり。そんな彼が、ある時、カラヴァッジオの絵画『キリストの逮捕』を盗み出す。仕事は成功したものの、そのキリスト像にふと自分の姿を重ねてみるリンチだった。やがて悲劇は訪れる。宿敵クイッグリー刑事(スティーヴン・ディレーン)が強行手段に出て、リンチ一味の失業保険を切ることにより、金に困った強盗団の結束は自壊していく。スティーヴィーの裏切りで、リンチは徐々に追い込まれ、ついに警官隊に射殺される。届いた訃報にクリスティーンとリサは悲しみをこらえながら、警察に向かうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年2月下旬決算特別号

外国映画紹介:私が愛したギャング・スター

2001年1月上旬新年特別号

INTERVIEWS:サディアス・オサリヴァン(「私が愛したギャングスター」監督)

新作紹介:私が愛したギャングスター