男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いつまでも二人で

  • いつまでもふたりで
  • With or Without You
  • With or Without You

amazon


  • 平均評点

    52.1点(10人)

  • 観たひと

    24

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 イギリス アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2000/11/3
上映時間 90分
製作会社 リヴォリューション・フィルムズ(チャンネル4フィルム=ミラマックス提供)
配給 アスミック・エース(アスミック・エース エンタテインメント=東京テアトル提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

若い夫婦の心の揺れを繊細に描いたラヴ・ストーリー。監督は「ひかりのまち」のマイケル・ウィンターボトム。製作はアンドリュー・イートン。脚本はジョン・フォート。撮影は「セクシュアル・イノセンス」のブノワ・デローム。音楽は「アイ ウォント ユー」のエイドリアン・ジョンストン。美術はマーク・ティルデスリー。編集はトレヴァー・ウェイト。衣裳は「グラディエーター」のジャンティ・イェイツ。出演は「ハート」のクリストファー・エクルストン、「草原とボタン」のデヴラ・カーワン、「ラブetc.」のイヴァン・アタルほか。

あらすじ

北アイルランドの町、ベルファスト。結婚5年目のロージー(デヴラ・カーワン)は29歳、劇場の受付として働いている。警官を辞め、彼女の父親が経営するガラス屋を手伝っている夫ヴィンセント(クリストファー・エクルストン)は34歳。子供ができないのが悩みではあるが、二人はまずまず幸福な生活を送っていた。そんな時、ロージーの昔の文通相手であったフランス人のヴィンセント(イヴァン・アタル)が、彼らの家を訪ねてきて、一緒に住みはじめる。感性豊かなフランス男の出現に、夫婦の平穏な関係は揺らぎ出した。ブノワに惹かれるロージーには、ゴルフとビールしか趣味のない夫が色褪せて見えて仕方がない。そしてロージーは、勢いで仕事をすっぱり辞めてしまった後、夫が昔の恋人キャシー(ジュリー・グレアム)と浮気したことを知り、ブノワを連れて車で家を飛び出してしまう。海に向かう二人。カーステレオからはU2の『ウィズ・オア・ウィズ・アウト・ユー』が流れている。やがて彼らを、ヴィンセントが追ってくる。ロージーは結局夫のもとに戻った。さらにはめでたく、念願の子供ができるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年1月下旬新世紀特別号

外国映画紹介:いつまでも二人で

2000年11月下旬特別号

企画特集 アイルランドの郷愁 いつか見た風景のある映画:作品評 「いつまでも二人で」

新作紹介:いつまでも二人で