男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

太陽の法 エル・カンターレへの道

  • たいようのほうえるかんたーれへのみち
  • The Laws of The Sun
  • The Laws of The Sun


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    3

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000/10/28
上映時間 104分
製作会社 幸福の科学出版(アニメーション制作 グループ・タック)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

演出助手ヤマザトアキ 
アニメーション・ディレクター石山貴明 
シナリオ太陽の法シナリオ・プロジェクト 
原作大川隆法 
製作総指揮大川隆法 
プロデュース幸福の科学『太陽の法』プロジェクト 
アニメーション・プロデューサー川人憲治郎 
キャラクター・デザイン羽根章悦 
加藤茂 
キャラクター・デザイン協力辻伸一 
今掛明子 
インド時代キャラクターデザイン宇津木勇 
並木あゆみ 
インカ/ムー時代作画監督清水恵蔵 
コンセプト・アート武田育雄 
撮影監督吉田光伸 
撮影ティ・ニシムラ 
実写撮影金子雪生 
斉藤博 
高橋美奈子 
美術監督太田大 
美術設定加藤浩 
平澤晃弘 
村山衣絵 
塩沢良憲 
設定今掛勇 
音楽水澤有一 
主題歌藤田恵美&藤田隆二:(「太陽の時代」)
サウンド・エフェクト・デザイン今野康之 
編集古川雅士 
SFXクリエイティブ・ディレクター粟屋友美子 
クリエイティブ・ディレクターアレン・ヤマシタ 
特殊効果前川孝 
ヴィジュアル・エフェクト・スーパーバイザーニック・ベイツ 
CGスーパーバイザー西村敬喜 
エル・カンターレ作画須田正己 
色彩設計斉藤裕 
色指定千葉智子 
横田梢抄 
演出協力前島健一 

キャスト

出演子安武人 エル・ミオーレ
子安武人 エル・カンターレ
子安武人 ラ・ムー
子安武人 トス
子安武人 リエント・アール・クラウド
子安武人 オフェアリス
子安武人 ヘルメス
子安武人 仏陀
子安武人 ゴータマ・シッダールタ
子安武人 根本仏
伊藤美紀 文殊
磯部弘 ヨーナ
柴田秀勝 エレム
野沢那智 ジョエル
井上喜久子 リーバ
中西妙子 トレア
永井一郎 シュッドーダナ王
銀河万丈 マーラ
松尾佳子 プラジャーパディ
松尾佳子 少年
松尾佳子 少年兵
松尾佳子 比丘
松尾佳子 音楽好きな青年
大本眞基子 ヤナ
大本眞基子 セラ
大本眞基子 文殊の徒
大本眞基子 侍女
大本眞基子 サリー
奥田武士 アグン
奥田武士 ウルス
奥田武士 比丘
奥田武士 ガンガ
奥田武士 外人の青年
水原リン ウプ
水原リン ロカおばちゃん
水原リン 文殊の徒
水原リン 侍女
水原リン アユン
岸野幸正 上司
岸野幸正 レダイ
岸野幸正 比丘
岸野幸正 営業の男
掛川裕彦 孤独な老人
掛川裕彦 老兵士
掛川裕彦 比丘
掛川裕彦 老人
掛川裕彦 成金
掛川裕彦 村人
掛川裕彦 在家有力信者
山本真理 母親
山本真理 痩せた女性
山本真理 比丘
山本真理 若い母親
川津泰彦 社長
川津泰彦 村人
川津泰彦 在家有力信者
川津泰彦 経営者

解説

宇宙創造から現代へ、1000億年に渡る人類の旅を描く長篇アニメーション。アニメーション・ディレクターは石山貴明。大川隆法による原作を基に、太陽の法シナリオ・プロジェクトが脚色。撮影監督に「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」の吉田光伸があたっている。声の出演に「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」の子安武人ら。

あらすじ

今から400億年前、三次元宇宙を創造した根本仏は、それからおよそ345億年の後、金星でのユートピア建設の実験を終えると、その隣の惑星である地球に人類を誕生させた。ところが、マゼラン星雲から来た指導者・ルシファーの堕落によって、地上世界は地獄霊に毒されてしまう。そこで、地球系霊団の最高大霊であるエル・カンターレは、自身の6人の分身を降臨させて、地上を光で満たすことを決意する。こうして、ムー大陸にラ・ムーが、アトランティス大陸にトスが、古代インカ帝国にリエント・アール・クラウドが、ギリシャにオフェアリスとヘルメスが、インドにゴータマ・シッダールタがそれぞれ降臨し、文明を輝かせた。そして、霊鷲山で仏陀となったゴータヤ・シッダールタは、人類はエル・カンターレの分身と共に魂の輪廻を繰り返して来たことを弟子たちに語り、2500年後の現代、東の国(日本)で再び『太陽の法』が説かれることを予言する。

関連するキネマ旬報の記事

2001年4月下旬号

日本映画紹介:太陽の法 エル・カンターレへの道

2000年11月上旬特別号

新作紹介:太陽の法 エル・カンターレ