男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

新しい神様

  • あたらしいかみさま
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    78.5点(4人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 戦争
製作国 日本
製作年 2000
公開年月日 2000/8/5
上映時間 99分
製作会社 W-TV OFFICE
配給 VIDEO ACT(配給協力 アップリンク)
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット DV

スタッフ

監督土屋豊 
脚本土屋豊 
撮影土屋豊 
雨宮処凛 
伊藤秀人 
主題曲加藤健 
編集土屋豊 

キャスト

解説

右翼思想の女性の日常に、左翼思想の監督が迫る異色のドキュメント。監督は「あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?」の土屋豊。出演は、パンクバンド“維新赤誠塾”のヴォーカリスト・雨宮処凛。99年山形国際ドキュメンタリー映画祭・国際批評家連盟賞特別メンション受賞、00年ベルリン国際映画祭他出品作品。DV作品。

あらすじ

右翼パンクバンド“維新赤誠塾”のヴォーカリスト・雨宮処凛は、幼い頃のイジメ体験から成長しても社会の中に自分の存在価値を見出せずにいた。そんな彼女を救ったのは「右翼の思想」。一方、土屋豊監督は反天皇思想の左翼主義者。彼は、雨宮やバンドのメンバーにして彼女の同志・伊藤秀人に反発を感じながらも、右翼と左翼に共通する社会に対する閉塞感に興味を持ち、彼女にデジカムを渡し日常を撮影させる。北朝鮮を訪問し「よど号」グループの人々と会ったり、新右翼の会合に参加したり、また所属していた団体を脱退したり、伊藤や土屋と議論を交わしたり、時にはカメラに向かって独白する雨宮。やがて、彼女は自立への道に向かってを歩き出そうとする。

関連するキネマ旬報の記事

2001年1月下旬新世紀特別号

日本映画紹介:新しい神様

2000年8月下旬夏の特大号

新作紹介:新しい神様