男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

条理ある疑いの彼方に

  • じょうりあるうたがいのかなたに
  • Beyond a Reasonable Doubt
  • Beyond a Reasonable Doubt


  • 平均評点

    81.1点(7人)

  • 観たひと

    14

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 2000/9/2
上映時間 80分
製作会社 RKOテレラジオ・ピクチャーズ=RKOラジオ作品
配給 ケイブルホーグ
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:2.00
カラー/サイズ モノクロ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

死刑廃止のキャンペーンのため自ら死刑囚となった男がたどる数奇な運命を描くサスペンス。監督は「死刑執行人もまた死す」の巨匠フリッツ・ラング。脚本はダグラス・モロー。撮影はウィリアム・スナイダー。音楽はハーシェル・バーク。出演は「我らの生涯の最良の年」のダナ・アンドリュース、「レベッカ」のジョーン・フォンテーンほか。

あらすじ

作家トム(ダナ・アンドリュース)と新聞社社長スペンサー(シドニー・ブラックマー)は、死刑廃止のキャンペーンを通じて知り合った。スペンサーはクラブダンサーのパティ・グレイが絞殺死体で見つかった事件を利用して、トムが偽の殺人犯を演じ、彼が死刑宣告を受けたときに真相を明かすという計画を立てる。トムはスペンサーの娘スーザン(ジョーン・フォンテーン)と婚約していたがこれを承諾、偽装工作の末にトムは逮捕された。裁判で死刑も確実と思われた矢先、なんとスペンサーが交通事故で死に、トムの無罪を証明する書類も紛失した。ピンチに立たされたトムは、父の後を継いで新聞社オーナーとなったスーザンの助けを借り、彼を救うキャンペーンを打ってもらう。やがてスペンサーが万一のために用意していた書類が見つかり、トムは知事の恩赦を受けることに。だが、事件には思いもかけない真実が隠されていたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年10月上旬秋の特別号

劇場公開映画批評:条理ある疑いの彼方に

外国映画紹介:条理ある疑いの彼方に

2000年9月上旬号

新作紹介:条理ある疑いの彼方に