男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ディル・セ 心から

  • でぃるせこころから
  • Dil Se
  • From The Heart


  • 平均評点

    76.7点(3人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 インド
製作年 1998
公開年月日 2000/8/5
上映時間 167分
製作会社 ブハバット・シャー作品
配給 オフィスサンマルサン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

インド社会の混沌から芽生えたラジオ局の行動派ディレクターと女テロリストの恋を描いたラヴロマンス。監督・原作・脚本は「ボンベイ」のマニ・ラトナム。撮影は「インディラ」のサントーシュ・シヴァン。音楽は「ジーンズ 世界はふたりのために」のA・R・ラフマーン。美術はサミール・チャンドラ。編集は「ボンベイ」のスレーシュ・ウルス。録音はH・シュリダール。出演は「アシュラ」のシャー・ルク・カーン、「ボンベイ」のマニーシャー・コイララほか。

あらすじ

駅で列車待ちをしていたラジオ局ディレクターのアマル(シャー・ルク・カーン)はたたずむ女性(マニーシャー・コイララ)に一目ぼれ。メグナと名乗る彼女を追跡するうちに、彼女の仲間にリンチされるアマル。彼らはインドからの分離独立を誓うテロ集団でメグナもその一員だったのだ。アマルは都会的な娘プリティ(プリーティー・ジンター)との縁談が進んでいたが、突然メグナがアマルの家に現れ、仕事と家を提供してほしいと懇願。とまどいながらもアマルは自宅の一室とラジオ局の臨時雇いの職をメグナに与えた。だがそれはすべて式典でテロを決行するための作戦だったのだ。アマルはメグナの部屋で鉢巻を見つけ真の彼女を知る。式典のリハーサル会場でメグナを見つけたアマルは彼女の口から苦難の半生を知る。その後アマルは警察に拘束されたりメグナの仲間に命を狙われながらも、メグナを探し出す。爆弾を直接体に巻きつけたメグナはアマルと固く抱擁したままスイッチを入れるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年9月下旬号

外国映画紹介:ディル・セ 心から

2000年8月下旬夏の特大号

新作紹介:ディル・セ 心から