男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

フルスタリョフ、車を!

  • ふるすたりょふくるまを
  • Khrustalyov, mashinu!
  • Khrustalyov, mashinu!

amazon


  • 平均評点

    77.9点(43人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ロシア フランス
製作年 1998
公開年月日 2000/6/17
上映時間 142分
製作会社 センター・ナショナル・シネマトグラフィ=ゴスキノ=ラ・セプト・シネマ=レンフィルム=エクスペリメンタル・フィルム・スタジオ=ソダペラーガ作品
配給 パンドラ
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

スターリン体制下の厳しい現実を生き抜いた人々の姿を強烈なタッチで活写した群像劇。監督・脚本は「わが友イワン・ラプシン」のアレクセイ・ゲルマン。撮影はウラジーミル・イリネ。音楽はアンドレイ・ペトロフ。出演は「わが友イワン・ラプシン」のニーナ・ルスラノヴァ、ユーリー・ツリロほか。

あらすじ

1953年、スターリン政権下ソビエトでは不穏な空気が立ちこめていた。モスクワの大病院の脳外科医にして赤軍の将軍でもあるクレンスキー(ユーリー・ツリロ)は、病院と家庭と、愛人のところを行き来する毎日を送っている。そんななか、スターリンの指示の元、KGBはユダヤ人医師の迫害計画である「医師団陰謀事件」を発動する。事態を察したクレンスキーは逃亡を試みるが、すぐに捕らえられ強制収容所に送られる。しかしそこにはもう一つの陰謀が動いていた。クレンスキーは突然釈放され、山奥の別荘に連れて行かれる。そこにいたのは重い病にふせっているスターリンその人であった。すでに手遅れであることを悟ったクレンスキーは、スターリンに最後の放屁をさせる。家に戻ったクレンスキーは家族の前から姿を消す。10年後、マフィアとなってたくましく生き抜くクレンスキーの姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年8月下旬夏の特大号

外国映画紹介:フルスタリョフ、車を!

2000年6月下旬号

新作紹介:フルスタリョフ、車を!