男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボーイズ・ドント・クライ

  • ぼーいずどんとくらい
  • Boys Don't Cry
  • Boys Don't Cry

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.4点(156人)

  • 観たひと

    309

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2000/7/8
上映時間 119分
製作会社 キラー・フィルムズ=ハート・シャープ・エンターテインメント作品(ザ・インディペンデント・フィルム・チャンネル提供)
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

男として生きようとした実在の若き女性の悲劇を描いた問題作。監督・脚本(アンディ・ビーネンと共同)は新鋭キンバリー・ピアース。撮影は「ブック・オブ・ライフ」のジム・デノールト。音楽は「ハイ・アート」のネイサン・ラーソン。出演は『ビバリーヒルズ青春白書』のヒラリー・スワンク、「ガンモ」のクロエ・セヴィニー、「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のピーター・サースガード、「ハリケーン・クラブ」のブレンダン・セクストン3世ほか。第72回アカデミー賞主演女優賞(スワンク)受賞。

あらすじ

1993年、ネブラスカ州リンカーン。20歳のブランドン(ヒラリー・スワンク)は男装して小さな町フォールズタウンへ向かう。そこで地元の青年ジョン(ピーター・サースガード)とその弟分トム(ブレンダン・セクストン3世)らと知り合い、彼らの仲間の女性ラナ(クロエ・セヴィニー)と恋におちる。ジョンは元詐欺師でラナの母親の愛人でありながら、ラナにひそかに惚れていた。トムは彼の刑務所仲間で暴力的な男。以前、車を盗んで逮捕された過去があるブランドンは、危険な存在の彼らと微妙な距離を保っていたが、裁判所の召喚命令に背いていたため、ある日免許証から本人とバレて逮捕拘留された。ブランドンは面会に現れたラナから真実の告白を迫られ、自分は性同一障害者であると打ち明けた。ブランドンを愛するラナはその事実を受け入れたが、仲間はブランドンを忌み嫌った。新聞でブランドンが女性と知った町の人々は彼女を変態扱いした。そしてついにある日、ブランドンは彼女を許せなかったジョンとトムの手で殺され、死体で発見されるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2000年8月下旬夏の特大号

劇場公開映画批評:ボーイズ・ドント・クライ

2000年8月上旬号

新作紹介:ボーイズ・ドント・クライ

外国映画紹介:ボーイズ・ドント・クライ

2000年5月下旬号

作品特集 ボーイズ・ドント・クライ:作品評

作品特集 ボーイズ・ドント・クライ:監督&俳優論

2000年5月上旬号

SPECIAL SELECTION:ボーイズ・ドント・クライ