男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハピネス(1998)

  • はぴねす
  • Happiness
  • Happiness

amazon


  • 平均評点

    72.0点(37人)

  • 観たひと

    81

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1998
公開年月日 2000/7/15
上映時間 134分
製作会社 グッドマシーン-キラー・フィルムズ作品(グッドマシーン・インターナショナル提供)
配給 シネカノン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アメリカ郊外の中流家庭で育った三人姉妹とその周囲の人間模様を皮肉なタッチで描いた群像劇。監督・脚本は「ウェルカム・ドールハウス」のトッド・ソロンズ。撮影は「ベルベット・ゴールドマイン」のマリゼ・アルベルティ。音楽はロビー・コンドール。出演は「カンザス・シティ」のジェーン・アダムス、「マグノリア」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「セレブリティ」のディラン・ベイカー、「アフターグロウ」のララ・フリン・ボイル、「ザ・プレイヤー」のシンシア・スティーヴンソン、「サマー・オブ・サム」のベン・ギャザラ、「ロマンスに部屋貸します」のルイーズ・ラッサー、「ロスト・イン・スペース」のジャレッド・ハリスほか。98年度カンヌ映画祭批評家賞受賞。

あらすじ

ニュージャージー州郊外。良妻賢母の長女トリッシュ(シンシア・スティーヴンソン)、美貌の人気女流作家の次女ヘレン(ララ・フリン・ボイル)、そして作曲家志望ながら男運もなく三十路を越えた三女ジョイ(ジェーン・アダムス)は平凡な中流家庭に育った三人姉妹だが、周囲の男どもはかなりダメ人間。三人の両親であるレニーとモナの夫婦(ベン・ギャザラ、ルイーズ・ラッサー)にも危機が訪れている。トリッシュの夫ビル(ディラン・ベイカー)は精神科医だがなんと少年愛好者で、目をつけた息子ビリー(ルーファス・リード)の同級生の男の子をレイプして警察に逮捕される。ヘレンの隣人の肥満漢の会社員アレン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、彼女に恋しながら想いを伝えられず、猥褻電話をあちこちにかけては自慰にふける日々。やがてレイプ体験もないのにエロティックな作品は書けない、などとスランプに陥っていたヘレンから思いがけず誘いを受けるが、ヘレンは結局彼を拒否。失意のアレンは怪しい隣人の肥満女性クリスティーナ(カムリン・マンハイム)と束の間の交情をもった。ジョイはというと、交際相手の元同僚アンディ(ジョン・ロヴィッツ)に別れ話を切り出すが、彼はその直後自殺。失意の彼女は移民相手の英会話学校の教師になるが、そこで出会った小悪党のロシア人タクシー運転手ヴラッド(ジャレッド・ハリス)にコマされてしまう始末……。一年後、両親宅で食事をとる三人姉妹の姿があった。はたして彼女たちに本当の幸せは訪れるのか、誰にもわからない。

関連するキネマ旬報の記事

2000年9月上旬号

劇場公開映画批評:ハピネス

2000年8月上旬号

新作紹介:ハピネス

外国映画紹介:ハピネス