男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゴールデンボーイ(1998)

  • ごーるでんぼーい
  • Apt Pupil
  • Apt Pupil

amazon


  • 平均評点

    66.4点(108人)

  • 観たひと

    206

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ホラー / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1998
公開年月日 1999/6/26
上映時間 112分
製作会社 バッド・ハット・ハリー・プロ作品(フェニックス・ピクチャーズ提供)
配給 松竹富士配給(松竹=パイオニアLDC提供)
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

潜伏するナチ戦犯と、彼に接近して話を聞くうちにおのれの内部に巣食う邪悪さに目覚めていく少年の姿を描いたサスペンス。モダンホラーの巨頭スティーヴン・キングの『ゴールデンボーイ』(邦訳・新潮文庫)の映画化で、監督には「パブリック・アクセス」「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガーがあたった。脚本は監督の学生時代からの親友であるブランドン・ボイスで本作がデビュー作。製作はシンガーと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジェーン・ハンシャーとドン・マーフィ。撮影のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽・編集のジョン・オットマン、衣裳のルイス・ミンゲンバックは「ユージュアル・サスペクツ」に続く参加。美術は「ブラックアウト」のリチャード・フーヴァー。出演は「17 セブンティーン」のブラッド・レンフロ、「リチャード3世」のイアン・マッケラン、「ポーリー」のブルース・デイヴィソン、「ハッピィブルー」のデイヴィッド・シュワイマー、「ラリー・フリント」のヤン・トリスカほか。

あらすじ

ロサンジェルス郊外の住宅地。スポーツ万能で成績優秀な高校生トッド・ボウデン(ブラッド・レンフロ)は、学校の授業で戦前ナチスドイツが行ったホロコーストに触れ、その実態を知りたいと思っていた矢先、バスの中でナチス戦犯クルト・ドゥサンダーらしい人物を目撃。しばらく後、そのトッドはいまはアーサー・デンカー(イアン・マッケラン)と名乗るその老人を訪ねた。あらかじめトッドはイスラエル政府発行の手配写真と指紋で彼の身元を照合し、確信を得ていた。はたしてデンカーはかつてアウシュビッツの強制収容所で副所長をつとめて悪名高いドゥサンダーその人だった。普通の少年に正体をつかまれて動揺するデンカーに、トッドはこの事実を明るみにしないかわりに、彼がナチス時代に行った残虐行為をすべて話してほしいと頼む。はじめは拒んでいたデンカーだが、やがて毎日のように彼を訪ねてきてむさぼるように話を求めるトッドの熱意に押されるように生気を取り戻していく。そんな日々が続いたおかげでトッドの成績はガタ落ち、指導カウンセラーのエド・フレンチ(デイビッド・シュワイマー)から両親(ブルース・デイヴィソン、アン・ダウド)に呼び出しがかかってしまう。ところがミーティングの当日、トッドがフレンチの部屋に入ると、なんとデンカーの姿が。彼はトッドの祖父と偽り、両親が離婚一歩手前の深刻な状態にあると嘘をいい、トッドの成績が3週間後の学期末試験でオールAならすべて水に流すという条件をとりつけてしまう。できるわけがない、となじるトッドにデンカーは、「猛勉強してもらう。ふたりは地獄まで一蓮托生だ」と冷然と告げる。デンカー宅での猛勉強の結果、トッドの成績は元どおりオールAに。デンカーは彼に殺意を抱き始めたトッドに、ふたりの関係をすべて書いた手紙が銀行の貸金庫にあり、自分が不測の事態で死ねばすべてが明るみになり、トッドは一生スキャンダルを背負うことになると語った。そんなある日、デンカーは自分の後をついてきた浮浪者のアーチー(エリアス・コーティアス)を家に招き入れ、すきをみてナイフを突き立てる。アーチーは暴れたあげく地下室に転げ落ちたが、デンカーは直後、心臓発作で倒れ、後始末をさせるためにトッドを呼び出す。トッドは地下室で息を吹き返したアーチーをスコップで殴りつけてとどめをさし、死体を埋めてすべて始末をつけてから救急車を呼んだ。入院したデンカーを見舞ったトッドに、デンカーは例の手紙は嘘で存在しないと言い、別れの言葉を告げる。だが運命のいたずらか、なんと隣のベッドの患者クレイマーはアウシュビッツの生き残りで、デンカーを告発。かくしてイスラエルの政府機関の一員のワイスコップ(ヤン・トリスカ)とFBI捜査官のリッチラー(ジョー・モートン)がデンカーのもとを訪れ、目覚めたデンカーに体調が回復しだい、裁判のため連行すると告げた。折しもトッドはめでたく首席で卒業を決めた。だがその席でフレンチがトッドの両親に祖父のことをたずねて、父親が彼は車椅子の身だと告げたことがフレンチの不審をかった。さらに、デンカーの正体が暴露され、不安が晴れないトッド。ワイスコップとリッチラーの事情聴取は切り抜けたが、そこに新聞でデンカーの写真を見て彼がトッドの祖父の代わりに来た事実を知ったフレンチがやってきて詰問する。だが、トッドは逆に、フレンチが成績操作の見返りに生徒に性的関係を迫ったと触れ歩くと言って脅した。トッドは邪悪に目覚めたのだ。その頃、デンカーは病院で自殺を遂げた。優秀な生徒を残して……。

関連するキネマ旬報の記事

1999年8月下旬特別号

劇場公開映画批評:ゴールデンボーイ

1999年8月上旬号

外国映画紹介:ゴールデン・ボーイ

1999年7月上旬夏の特別号

特集 ゴールデンボーイ:作品評

特集 ゴールデンボーイ:ブライアン・シンガー監督 インタビュー

COMING SOON:ゴールデンボーイ