男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロリータ(1999)

  • ろりーた
  • Lorita
  • Lorita

amazon


  • 平均評点

    62.2点(67人)

  • 観たひと

    151

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 1999/5/1
上映時間 138分
製作会社 パテ作品
配給 東宝東和配給(東宝東和=ポニーキャニオン提供)
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

中年の仏文学者が12歳の娘を愛するあまり義理の父となり、ふたりで放浪する様を描いたインモラルな愛のドラマ。原作はロリータ・コンプレックスという言葉を生んだウラディーミル・ナボコフの同名小説。62年にスタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ、スー・リオン主演による映画化に続く、2度めの映画化。米国では1年半の間公開が見送られていたが、98年秋に小規模公開された。監督は「危険な情事」「幸福の条件」のエイドリアン・ライン。脚本は『ザ・ニューヨーカー』や『ヴァニティ・フェア』誌で活躍するジャーナリストで、これが初の映画脚本となるスティーヴン・シフ。製作は「スターゲイト」のマリオ・カサールとジョエル・B・マイケルズ。撮影はハワード・アサートン。音楽は「Uターン」のエンニオ・モリコーネ。美術はジョン・ハットマン。編集はジュリー・モンローとデイヴィッド・ブレナー。衣裳は「プラクティカル・マジック」のジュディアナ・マコフスキー。出演は「仮面の男」のジェレミー・アイアンズ、これが映画デビューとなり、本作のあと「フェイス/オフ」に出演したドミニク・スウェイン(撮影時は15歳)、「疑惑の幻影」のメラニー・グリフィス、「エディー 勝利の天使」のフランク・ランジェラほか。

あらすじ

ハンバート・ハンバート(ジェレミー・アイアンズ)は13歳の時、一つ下のアナベルという少女と激しい恋に落ちるが、一年後、彼女は発疹チフスで死んでしまう。この時のショックはまだ幼かったハンバートの心を苦しめ、やがて青年へと成長しても彼の心は少年であり続け、永遠にアナベルの虜となっていた。47年、中年の仏文学者となった彼は、教授の職を得て米国に渡る。ニュー・イングランドの小さな町に来た彼は、シャルロット(メラニー・グリフィス)という未亡人の家に下宿する。ひなびた田舎町で鬱々とした日々を送る彼女は浮き立つが、しかしハンバートは彼女の12歳になる娘ロリータ(ドミニク・スウェイン)に釘付けになる。ロリータこそ自分の夢であり、アナベルの再来だった。シャルロットととりあえず結婚をしてロリータの義父になった彼は少年のようにロリータに言い寄り、彼女の心を掴む。ある日、夫の不義理を知ったシャルロットは逆上し、自宅の前で不慮の事故死を遂げる。ハンバートは、ロリータに母の死を告げるべく、サマー・キャンプに出掛けた彼女の元に急ぐ。そして身寄りのなくなった彼女を連れ、アメリカ放浪の旅に出たふたりは、倒錯的なセックスに溺れる。やがてキルティ(フランク・ランジェラ)という男と出会ったロリータは妊娠してしまう。彼女を奪われたハンバートはキルティに復讐を遂げるが、彼は全てを失ったのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1999年6月下旬号

外国映画紹介:ロリータ

1999年5月下旬号

劇場公開映画批評:ロリータ

1994年12月上旬号

グラビア:ロリータ

1959年1月下旬号

特集研究 新しいイタリア映画「さすらい」:ミケランジェロ・アントニオーニの映画経歴