男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バンディッツ(1998)

  • ばんでぃっつ
  • Bandits
  • Bandits

amazon


  • 平均評点

    68.0点(13人)

  • 観たひと

    46

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 1998
公開年月日 1999/3/13
上映時間 109分
製作会社 オルガ・フィルム作品
配給 シティ出版
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

刑務所でロック・バンドを結成した4人の女囚の逃避行を描くロードムービー。監督はこれが日本初公開作となる新鋭カーチャ・フォン・ガルニエ。脚本はベン・テイラーとガルニエの原案を元にガルニエとウヴェ・ウィルヘルムが共同で担当。製作はハラルド・コーラー、エルヴィラ・センフト、モリー・フォン・フェルステンベルク。撮影はトルステン・ブロイアー。音楽はペーター・ワイヘ、ウド・アーント、フォルカー・グリペンストロー、ニコール・クレビッツ、カーチャ・リーマン、ヤスミン・タバタバイ。サウンドトラック盤はドイツのヒット・チャートで4週連続1位をキープした。編集はハンス・ファンク。出演はカーチャ・リーマン、ヤスミン・タバタバイ、ニコレッテ・クレビッツ、ユッタ・ホフマン、「エリザ」のヴェルナー・シュライヤー、ハンネス・イェニケほか。

あらすじ

刑務所で知り合った、エマ(カーチャ・リーマン)、ルナ(ヤスミン・タバタバイ)、エンジェル(ニコレッテ・クレビッツ)、マリー(ユッタ・ホフマン)、四人の女囚は、バンディッツというロック・バンドを結成する。彼女達は警察のパーティでライヴ・ステージを務めることになるが、それは脱獄のチャンスであった。それぞれの目的を胸に、四人はドイツ中を逃げ回った。そして、捜査官シュワルツ(ハンネス・イェニケ)の手を逃れ、ハンサムなアメリカ人ツーリスト、ウェスト(ヴェルナー・シュライヤー)を人質にして逃亡するうちに、何とバンディッツの悪名に目をつけたレコード会社が勝手に彼女達のCDを発売し、それが大ブレイクしてしまった。しかし脱走中の身に、有名であることは不利なだけである。次第に警察に追い詰められていく四人。そんな中、元々自殺癖のあったマリーが死んでしまった。残された三人は、警察に捕まるよりも、悲劇的な自由を選ぶのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1999年5月上旬号

外国映画紹介:バンディッツ

1999年3月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:バンディッツ

劇場公開映画批評:バンディッツ

1958年12月上旬号

短篇映画紹介:そり