男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

恋人よ帰れ

  • こいびとよかえれ
  • Lover Come Back
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.7点(7人)

  • 観たひと

    13

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1962/2/24
上映時間 0分
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 日本ユニヴァーサル・インターナショナル映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ロック・ハドソン Jerry_Webster
ドリス・デイ Calol_Templton
トニー・ランドール Peter_Ramsey
イーディー・アダムス Rebel_Daves
ジャック・オーキー J._Paxton_Miller

解説

広告代理店を舞台にとった都会喜劇。監督は「階段の上の暗闇」のデルバート・マン。脚本はスタンリー・シャピロとポール・ヘニングが共同で執筆。撮影はアーサー・E・アーリング。音楽は「九月になれば」のフランク・デヴォールが担当。出演者はロック・ハドソン、ドリス・デイ、トニー・ランドール、イーディー・アダムス、ジャック・オーキーなど。製作はスタンリー・シャピロとマーティン・メルチャーが共同で当たっている。

あらすじ

ニューヨークのマディスン街にある広告センターは、広告代理店がひしめいて生き馬の目を抜くところ。ラムゼー商会の専務ジェリー・ウェブスター(ロック・ハドソン)は辣腕家で評判が高い。今日も南部の富豪ミラーに踊り子をあてがい、先口のブラケット広告社の仕事を横取りしてしまった。怒ったのはブラケット社の主任キャロル・テンプルトン(ドリス・デイ)だ。彼女は当の踊り子レベルを脅かして白状させ、広告審議会に訴えた。一方ウェブスターはレベルをビップ・ガールにしてやるとおだてて、有利に証言させ、審議会の追及を切り抜けてしまった。ところがビップというのはウェブスターが出まかせに言った架空の商品である。それとは知らぬラムゼー商会の社長(トニー・ランドール)はこのビップを大宣伝したので注文殺到。ウェブスターはどうしてもビップを作らねばならなくなった。彼は天才科学者タイラー博士に依頼して万能食品ビップを作ることにした。この時キャロルはビップの広告権を奪おうとタイラー博士を訪れたが、そこにいたウェブスターを博士と間違えてあらゆるサービスを尽くしてしまった。ウェブスターは博士になりすまして彼女と遊び歩くがついにばれ、再び査問会に呼び出された。その時タイラー博士がビップを発明したと駆け込んで来た。実はこのビップ、濃縮アルコールだったため、試食した一同は大混乱。キャロルとウェブスターも騒動の中でいつの間にか結婚してしまうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1962年3月下旬号

外国映画批評:恋人よ帰れ

1962年3月上旬号

外国映画紹介:恋人よ帰れ

1962年1月上旬新年特別号

新作グラビア:恋人よ帰れ