男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

出発(1967)

  • しゅっぱつ
  • Le départ
  • The Departure

amazon


  • 平均評点

    71.3点(44人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ベルギー
製作年 1967
公開年月日 1999/1/14
上映時間 90分
製作会社 エリザベート・フィルム作品
配給 スタンス・カンパニー
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ポルシェに賭ける青年の恋と大人への成長を詩的でシュールなタッチで綴った青春映画。監督は「バリエラ」(66)「早春」(70)など、ロマン・ポランスキーと並ぶポーランド新世代の旗手と謳われたイェジー・スコリモフスキ(1938-)で、母国を離れてベルギーで撮った監督第3作。脚本はスコリモフスキとアンジェイ・コステンコ。撮影はウィリー・クラント。音楽はクシシュトフ・T・コメダで、主題歌のシャンソンはクリスチアーヌ・ルグラン。出演は,「大人は判ってくれない」「イルマ・ヴェップ」などヌーヴェル・ヴァーグの“顔”であるジャン=ピエール・レオ、「二十歳の恋」(レオと共演)「男性・女性」のカトリーヌ・イザベル=デュポールほか。

あらすじ

ブリュッセル。マルク(ジャン=ピエール・レオ)はカーレースに夢中な19歳の美容師見習いの青年。レースに出場するためどうしてもポルシェが欲しい彼は、知り合った美しい娘ミシェール(カトリーヌ・イザベル=デュポール)を巻き込んで、車を調達するため、あの手この手を算段。やっとのことで手に入れたポルシェに乗って、夜の町を飛び出してレース会場へと向かい、仮眠をとるためにホテルに宿をとった二人。だがレースが始まるその朝、マルクはレースの夢からさめてミシェールとの新たな人生の出発に旅立つことを決めるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1999年3月下旬号

外国映画紹介:出発

1999年3月上旬号

劇場公開映画批評:出発

1999年1月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:出発

1958年9月下旬号

旬報サロン:出発