男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビッグ・ヒット

  • びっぐひっと
  • The Big Hit
  • The Big Hit

amazon


  • 平均評点

    63.2点(45人)

  • 観たひと

    80

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル コメディ / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1998
公開年月日 1999/1/23
上映時間 91分
製作会社 エイメン・ラー・フィルムズ?ザイド=ペリー・ライオン・ロック・プロ作品(トライスター映画提供)
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

腕は超一流ながら優柔不断な性格のヒットマンが仲間の裏切りで絶体絶命のピンチに陥る顛末を描いたアクション・コメディ。監督は「新ポリス・ストーリー」「野獣特捜隊」などハードな香港アクションで知られるカーク・ウォンで、彼のハリウッド進出第1作。製作総指揮は「フェイス/オフ」「リプレイスメント・キラー」のジョン・ウーとテレンス・チャン、「グース」のジョン・M・エッカート。製作は「ホワイトハウスの陰謀」の俳優ウェズリー・スナイプスとウォーレン・サイド。脚本は本作がデビューとなる新鋭のベン・ラムジィ。撮影はダニー・ノワク。音楽は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のグレアム・レヴェルがスコアをつとめ、音楽監修をピラー・マッカリィが担当。美術はターヴォ・スーダー。編集はロビン・ラッセル(TV『新トワイライトゾーン』)とピエトロ・スカリア(「JFK」)。衣裳は『ボディ・スナッチャーズ』のマーガレット・M・モーア。出演は「ブギーナイツ」のマーク・ウォルバーグ、「レネゲイズ」のルー・ダイアモンド・フィリップス、モデル出身で本作がデビューとなるチャイナ・チャウ、「グリッドロック」のボキーム・ウッドバイン、TV『メルローズ・プレイス』のアントニオ・サバトー・Jr.、「愛と哀しみの旅路」のサブ・シモノほか。

あらすじ

プロのヒットマン、メル(マーク・ウォルバーグ)は腕は超一流ながら私生活では誰からも嫌われたくないと公言する優柔不断な性格のお人よし。仲間のシスコ(ルー・ダイアモンド・フィリップス)からはいいカモにされ、フィアンセのパム(クリスティナ・アップルゲイト)と愛人シャンテル(リーラ・ロショーン)には金をせびられるまま貢ぐばかり。さらに、ユダヤ系のパムの両親(エリオット・グールド、レイニー・カザン)のお相手に加えて、レンタル屋からは延滞中の『キングコング2』のビデオを返せと矢の催促とトラブル続き、すっかり胃を痛めてアルカセルツァーが手放せない。そんなある日、女たちのために少しでも金が欲しいメルはシスコが仕組んだ誘拐計画に加わる。日系の実業家で富豪のジロー・ニシ(サブ・シモノ)の娘の女子大生ケイコ(チャイナ・チャウ)を誘拐しはいいが、ここで落とし穴が。ニシは自作自演の映画の大コケのせいで破産寸前だったばかりか、破産組織のボスのパリス(エイヴリィ・ブルックス)とニシは親友で、パリスはケイコの名付け親だったのだ。パリスから誘拐犯を探せと厳命されたシスコはなんとメルを誘拐犯の主犯に仕立てあげた。そんなことはつゆ知らず、ケイコをあずかったメルは優しい態度でケイコに接し、なぜか二人はいいムードに。仲間のクランチ(ボキーム・ウッドバイン)からの連絡でシスコの裏切りを知ったメルを襲う組織の魔の手。先頭に立つのはシスコだった。かくしてメルはケイコを連れて脱出、例の延滞中のビデオ屋でシスコと死闘を繰り広げ、見事勝利。店は爆発炎上するが、メルは奇跡的に脱出正体を変えてケイコと再会を果たすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1999年5月下旬号

劇場公開映画批評:ビッグ・ヒット

1999年3月上旬号

外国映画紹介:ビッグ・ヒット

1999年1月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:ビッグヒット

1958年10月上旬40年記念号

特集 日本映画の諸問題  日本映画が直面する問題点:新しい企画の方向