男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラスト・ウェディング

  • らすとうぇでぃんぐ
  • UNDER THE LIGHTHOUSE DANCING
  • UNDER THE LIGHTHOUSE DANCING

amazon


  • 平均評点

    59.4点(12人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 オーストラリア
製作年 1996
公開年月日 1998/9/26
上映時間 94分
製作会社 シルヴァー・タートル・フィルム・プロ作品
配給 シネマテン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

オーストラリアのロットネス島にあった実話をもとに描くラヴ・ストーリー。監督は舞台演出でのキャリアがあるグレーム・ラティガン。脚本はラティガンと、テレビでキャリアのあるデビッド・ジャイルス。撮影はオーストラリアのヴェテラン、ポ ール・マーフィー。音楽はネリダ・タイソン・チュー。出演は「真夜中のサバナ」のジャック・トンプソン、「エンジェル・ベイビー」のジャクリーン・マッケンジーほか。

あらすじ

エマ(ジャクリーン・マッケンジー)とハリー(ジャック・トンプソン)は年の離れたカップル。2人はハリーの親友デビッド(エデン・ジレット)、エマの友人のルィーズ(ナオミ・ワッツ)と共にオーストラリアのロットネス島に向かう。島にはガース(フィリップ・ホルダー)、ジュリエット(ゾエ・バートラム)の2人が 待っていた。不治の病に冒されているエマはハリーと島で結婚式を挙げることを告げる。ショックを受けた4人の友人たちだったが、エマの願いをかなえるため、結婚式の準備に走り回る。デビッドが神父がわりとなり、無人の教会で式を執り行う6人。式を挙げたハリーとエマが浜辺に戻ると、砂に埋もれたリボンが見える。リボンをたどっていくと、そこは友人たちが用意してくれたパーティ会場だった。喜ぶ二人。やがて会場を脱け出し、灯台の明かりのもと、静かに踊り始めた。

関連するキネマ旬報の記事

1998年12月下旬号

劇場公開映画批評:ラスト・ウェディング

1998年9月上旬号

KINEJUN CRITIQUES:ラスト・ウェディング

COMING SOON【新作紹介】:ラスト・ウェディング