男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

マルセイユの恋

  • まるせいゆのこい
  • Marius et Jeannette
  • Marius and Jeannette


  • 平均評点

    66.0点(3人)

  • 観たひと

    9

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス
製作年 1996
公開年月日 1998/6
上映時間 102分
製作会社 アガット・フィルムズ作品
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

シングルマザーと過去を抱える男が織りなす大人のラヴ・ストーリー。監督は本作品が日本初公開となるロベール・ゲディギャン。脚本はゲディギャンとジャン=ルイ・ミレジィ。撮影はベルナール・カバリエ。出演はゲティギャン夫人のアリアンヌ・アスカリッド、「ネネットとボニ」のジェラール・メイランほか。

あらすじ

マルセイユの下町。ジャネット(アリアンヌ・アスカリッド)はスーパーマーケットで働きながら女手ひとつでふたりの子供を育てていた。ある日閉鎖寸前の工場からペンキ缶を失敬するところを守衛のマリウス(ジェラール・メイラン)に見つかってしまう。一匹狼を思わせる彼だが、翌朝彼女の家にペンキ缶を届けに来たことでふたりの交流が始まる。生活に追われ恋をすることすら忘れていたふたりはジャネットの子供や隣人たちの声援も受け、次第に関係が深まって行く。ところが隣人たちとのパーティーを境にマリウスはジャネットの前から姿を消す。ジャネットの落胆ぶりを見かねて隣人の男たちがマリウスを飲みに誘う。酒の勢いを借りて過去を吐き出すマリウス。彼は自分の運転する車で事故を起こし同乗していた妻子を亡くしていたのだった。悲しい過去に縛られた彼をジャネットが寝ているベッドに縛り付ける隣人の男たち。心憎い演出を機にふたりはよりを戻し、未来に向かって歩み出すのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1998年11月下旬号

劇場公開映画批評:マルセイユの恋

1998年9月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:マルセイユの恋