男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブレーキ・ダウン

  • ぶれーきだうん
  • Breakdown
  • Breakdown

amazon


  • 平均評点

    67.4点(114人)

  • 観たひと

    198

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1997
公開年月日 1998/1/24
上映時間 93分
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ドライブの途中、見知らぬ場所で愛妻を誘拐された男の奪回劇を描いたサスペンス・カーアクション。スティーヴン・スピルバーグの「激突!」やロバート・アルドリッチの「北国の帝王」を彷彿とさせる演出を見せた監督は、これが劇場用映画となるジョナサン・モストウ。脚本は、モストウの原案を基に彼とサム・モンゴメリーが共同で執筆。製作は「ドラゴンハート」のディノ・デ・ラウレンティスと彼の娘で「バウンド」のマーサ・デ・ラウレンティス。撮影は「心の指紋」のダグ・ミルサム、音楽は「コナン・ザ・グレート」のベイジル・ポールドゥーリス、美術は「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」のヴィクトリア・ポール、編集は「トータル・リコール」のデレク・ブレシンと「ロビン・フッド」(91)のケヴィン・ステット、衣裳は「恋のゆくえファビュラス・ベイカー・ボーイズ」のテリー・ドレスバッハ、スタント・コーディネーターと第二班監督は「氷の微笑」のジェームズ・アーネットが担当。主演は「エクゼクティブ デシジョン」のカート・ラッセル。共演は「イベント・ホライゾン」のキャスリーン・クインラン、「ニクソン」のJ・T・ウォルシュ、「コン・エアー」のM・C・ゲイニー、「イベント・ホライゾン」のジャック・ノーズワーシーほか。

あらすじ

東海岸のボストンから西海岸のサン・ディエゴへドライブ中のジェフ(カート・ラッセル)とエミー(キャスリーン・クインラン)の夫婦を乗せた車が故障、立ち往生しているところへ一台の長距離トラックが通り掛かった。ドライバー(J・T・ウォルシュ)が近くのダイナーまでエミーを乗せてくれるという。故障を修理したジェフはすぐに後を追ったが、彼女を見失ってしまう。この付近では何十人もの行方不明者が出ているらしい。そこへあのドライバーとその仲間がエミーの身の代金を要求してきた。交換場所に指定された給油所で、あのドライバーを発見したジェフは、トラックに飛び乗り、エミーが監禁されている納屋へ向かう。エミーを救出したジェフは男たちの追撃を受けるが、一台ずつ振り切り、残ったあのトラックは谷底に落下した。

関連するキネマ旬報の記事

1998年3月下旬号

劇場公開映画批評:ブレーキ・ダウン

1998年3月上旬号

外国映画紹介:ブレーキ・ダウン

1998年1月下旬号

KINEJUN CRITIQUE:ブレーキ・ダウン

COMING SOON【新作紹介】:ブレーキ・ダウン