男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドライ・クリーニング

  • どらいくりーにんぐ
  • Nettoyageasec
  • Dry Cleaning


  • 平均評点

    61.7点(14人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス スペイン
製作年 1997
公開年月日 1998/5/23
上映時間 97分
製作会社 シネア=レ・フィルム・アラン・サルド=マエストランザ・フィルム作品
配給 シネマパリジャン
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

平凡な夫婦とふたりを魅了する美青年の危険な関係を描くラヴ・ロマンス。監督は「おとぼけオーギュスタン」のアンヌ・フォンテーヌ。フォンテーヌとクロード・アルノーの原案を基に、脚本はフォンテーヌと「夜の子供たち」のジル・トーランが執筆。製作総指揮は「リディキュール」のフィリップ・カルカッソンヌと「夜の子供たち」のアラン・サルド。撮影は「魂を救え!」のカロリーヌ・シャンプティエ。美術はアントワーヌ・プラトー。編集はリュック・バルニエ。主演は「ジェルミナル」のミウ・ミウ、「ラブetc.」のシャルル・ベルリング、本作がデビューとなる新人のスタニスラフ・メラール。

あらすじ

スイス国境の小さな町ベルフォール。ジャン=マリー(シャルル・ベルリング)とニコル(ミウ・ミウ)クリーニング店を営む平凡な夫婦。ある日、ふたりはヨーロッパの場末の盛り場を転々とするドラッグ・クイーンの美青年ロイック(スタニスラフ・メラール)と知り合う。ふたりは孤独な彼を世話するうち、その美しい肉体と不思議な魅力に魅かれていく。やがて、どちらともなくロイックと関係を結んでしまうふたりは、彼をお互いに愛人として共有する、後戻りのできない危険な愛に溺れていくのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1998年8月上旬号

外国映画紹介:ドライ・クリーニング

1998年5月上旬号

作品特集 ドライ・クリーニング:作品評

作品特集 ドライ・クリーニング:アンヌ・フォンテーヌ監督 インタビュー

作品特集 ドライ・クリーニング:スタニスラス・メラール インタビュー

1998年4月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:ドライ・クリーニング