男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドーベルマン

  • どーべるまん
  • Le Dobermann
  • ----

amazon


  • 平均評点

    61.6点(81人)

  • 観たひと

    155

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル アクション
製作国 フランス
製作年 1997
公開年月日 1998/4/11
上映時間 105分
製作会社 ノエ・プロ=ラ・シェーヴ・サリス=タワック・ピクチャーズ=レ・ステュディオ・カナル・プリュス=ポリグラム・オーディオヴィジュアル=フランス3シネマ=コムストック作品
配給 コムストック
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

悪のヒーローと狂った警視との想像を絶する大バトルを、過激な映像と音楽で見せるアクション・エンターテインメント。監督はCMやビデオクリップをへて短編『Gisele Kerozene』(89)でアヴォリアッツ映画祭グランプリを受賞した新鋭ヤン・クーネンで、本作は彼の長編劇映画デビューにあたる。原作・脚本は同名の人気漫画シリーズを手掛けるジョエル・ウサン。製作はフレデリック・デュマとエリック・ネヴェ。製作総指揮はマルク・バシェ。撮影はミシェル・アマチュー。音楽はオリジナル・ユニットのスキゾマニアックで、劇中曲にデジタル・ロックの雄プロディジーの『Voodoo People』が使用されている。美術はミシェル・バルテルミー。編集はベネディクト・ブリュネ。衣裳はシャトゥンヌとファブ。SFXはフランス随一のCG制作集団マク・ガフ・リーニュ。出演は「憎しみ」「不倫の公式」のヴァンサン・カッセル、「アパートメント」のモニカ・ベルッチ、「ニキータ」「ゴールデンアイ」のチェッキー・カリョ、「青春シンドローム」のロマン・デュリス、「パリのランデブー」のアントワーヌ・バズレール、「ニキータ」「憎しみ」のマルク・デュレほか。

あらすじ

パリ。ドーベルマンことヤン(ヴァンサン・カッセル)率いる犯罪者集団は銀行強盗を次々に成功させ、神出鬼没の大活躍。彼らを追うクロダレック警部(パトリック・ロッカ)は、犯人逮捕のためには手段を選ばない冷酷非情な狂気の刑事クリスティーニ(チェッキー・カリョ)に捜査を一任。クリスティーニはヤンの一味のドラッグ・クイーンのソニアことオリヴィエ(ステファーヌ・メッツゲール)の家を訪れ、家族に暴行を加えて脅しつけ、あげくはオリヴィエの幼い子を人質にヤンのアジトを聞き出す。ヤンの恋人でセクシーな爆破のプロ、ナット(モニカ・ベルッチ)、その双子の兄で変態だが腕は一流のマニュ、冷静沈着な殺戮者の神父、女好きのムス、ゴジラという小犬を飼うピットビュル、ギターの名手レオら一味は、ヤンとアジトのジョーのバーへ集まるが、そこをクリスティーニらが急襲。マニュとピットビュルは殺され、ナットは捕らわれの身に。クリスティーニは一味を血祭りにあげると、ナットを暴行して連行。ヤンはそれを追う。かくして激闘の末、ヤンはクリスティーニをつかまえて仲間の復讐を遂げた。

関連するキネマ旬報の記事

1998年6月下旬号

外国映画紹介:ドーベルマン

1998年5月下旬号

劇場公開映画批評:ドーベルマン

外国映画紹介:ドーベルマン

1998年4月上旬春の特別号

作品特集 ドーベルマン:対談 ヤン・クーネン×塚本晋也

作品特集 ドーベルマン:作品評

作品特集 ドーベルマン:ヴァンサン・カッセル インタビュー

作品特集 ドーベルマン:モニカ・ベルッチ インタビュー

作品特集 ドーベルマン:サブ・カルチャー世代の怖いるべき子供たち

COMING SOON【新作紹介】:ドーベルマン