男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

始皇帝暗殺

  • しこうていあんさつ
  • 荊軻刺秦王
  • The Emperor and the Assassin

amazon


  • 平均評点

    63.3点(71人)

  • 観たひと

    132

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本 中国 フランス
製作年 1998
公開年月日 1998/11/14
上映時間 168分
製作会社 角川書店=北京映画製作所=ル・ステュディオ・カナル・プリュス=日本へラルド映画作品(シン・コーポレーション=ル・ステュディオ・カナル・プリュス提供)
配給 日本ヘラルド映画配給(角川書店=日本ヘラルド映画提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

中国古代、秦の始皇帝の暗殺計画をめぐる運命のドラマを描いた大河ロマン。監督(出演も)は「花の影」のチェン・カイコーで彼の監督第7作目。脚本はワン・ペイコンとチェン監督(邦訳「小説始皇帝暗殺」角川書店刊)。製作は陳凱歌、「花の影」のシャーリー・カオ、「乱」の井関惺。製作総指揮はハン・サンピン、角川歴彦、古川博三。撮影は「紅夢」「太陽に暴かれて」のチャオ・フェイ。音楽はチェン監督作品のほとんどで組むチャオ・チーピン。主題歌はRing(作曲=小室哲哉)。美術はトゥ・チュイホワ。編集は「べにおしろい」のチョウ・シンシア。出演は「花の影」「項羽と劉邦 その愛と興亡」のコン・リーとチャン・フォンイー、「上海ルージュ」のリー・シュエチエンほか。

あらすじ

紀元前3世紀、六国が群雄割拠した戦国時代末期の中国。秦王・政(リー・シュエチエン)は天下統一へ向けて覇業を着々と進行。幼なじみで政を愛する趙姫(コン・リー)は彼の天下統一こそが民に平和をもたらすと信じ、燕国討伐の口実となる政の偽の暗殺計画を仕組むため、政に恨みを抱く太子・燕丹(スン・チョウ)と燕へ下る。趙姫はそこで希代の暗殺者・荊軻(チャン・フォンイー)と出会う。彼は暗殺者であることをやめていたが、美しき趙姫に心動かされてゆく。一方、政は側近の長信侯(ワン・チーウェン)の謀反、さらに宰相・呂不偉(チェン・カイコー)が実の父親だったという衝撃の事実を知るにおよんで徐々に心変わりしていく。趙姫の故国の趙で大虐殺を行った政を趙姫は見かぎり、荊軻と深い仲に。かくして、趙姫への愛のため、荊軻は燕の使者として政に謁見、短刀をふりかざすが失敗して果てる。呆然とする政の前に現れた趙姫は、荊軻の子を宿したと告げるのだった。紀元前221年。政は天下を統一、始皇帝と名乗り、世界史上初の帝国を築いた。

関連するキネマ旬報の記事

1999年1月上旬新年特別号

外国映画紹介:始皇帝暗殺

1998年11月下旬号

特集 始皇帝暗殺:鞏俐 インタビュー

特集 始皇帝暗殺:作品評

特集 始皇帝暗殺:陳凱歌監督 インタビュー

特集 始皇帝暗殺:李雪健 インタビュー

特集 始皇帝暗殺:張豊毅 インタビュー

特集 始皇帝暗殺:王志文 インタビュー

1998年11月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:始皇帝暗殺

1998年10月下旬秋の特別号

HOT SHOTS:「始皇帝暗殺」完成会見

1998年7月上旬夏の特別号

「始皇帝暗殺」製作ルポ:最終回

1998年6月上旬号

「始皇帝暗殺」製作ルポ:第2回

1998年5月上旬号

「始皇帝暗殺」製作ルポ:第1回