男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロスト・ハイウェイ

  • ろすとはいうぇい
  • Lost Highway
  • Lost Highway

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.1点(220人)

  • 観たひと

    395

  • 観たいひと

    46

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1996
公開年月日 1997/6/14
上映時間 135分
製作会社 アシメトリカル・プロ=CIBY2000作品
配給 松竹富士配給(松竹=パイオニアLDC提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

謎のビデオテープを発端に、妻殺しの容疑者の男をめぐる悪夢をビザールに描いた一編。監督は「ワイルド・アット・ハート」「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」の鬼才デイヴィッド・リンチ。脚本はリンチと、「ワイルド~」『ホテル・ルーム』(V)で彼と組んだバリー・ギフォード。製作はディーパック・ネイヤー、トム・スターンバーグ、メアリー・スウィーニー。撮影は「死霊のはらわたII」『ホテル・ルーム』(V)のピーター・デミング。音楽は「ブルー・ベルベット」以来リンチと組む、「ロスト・チルドレン」のアンジェロ・バダラメンティがスコアを担当し、音楽製作としてソロ・ユニット“ナイン・インチ・ネイルズ”を率いるトレント・レズナーが参加したことも話題に(作中では一部のみ使用)。主題歌はデイヴィッド・ボウイの“I'm Derranged”、追加音楽はバリー・アダムソン、音響設計でリンチも参加。美術・衣裳はパトリシア・ノリス、編集はメアリー・スウィーニー。出演は「インデペンデンス・デイ」のビル・プルマン、「アメリカの災難」のパトリシア・アークェット、「陽のあたる教室」のバルサザール・ゲティ、「冷血」「マネー・トレイン」のロバート・ブレイク、「インデペンデンス・デイ」のロバート・ロッジアほか。

あらすじ

夜のハイウェイ……「ディック・ロラントは死んだ」……早朝。サックス奏者のフレッド(ビル・プルマン)は玄関のインターフォンでその声を聞く。翌朝。妻のレネエ(パトリシア・アークェット)が玄関にあった封筒を彼に渡す。中には1本のビデオが。中身は夫妻の家の玄関前だった。次の日の朝もビデオが。今度は夫妻の寝室と、眠る二人の姿が映っていた。警察を呼んだが、打つ手は別にない。その夜、レネエの友人アンディのパーティにて。白塗りのミステリー・マン(ロバート・ブレイク)がフレッドの前に。「私はあなたの家にいる……」フレッドが彼の言うまま、自宅に電話してみると、目の前の男の声が自宅から響く。アンディに聞くと、彼はディック・ロラントの友人という。混乱したまま帰宅したフレッドに、またあのビデオが出現。映っていたのは何とレネエのバラバラ死体……意識が寸断したまま、フレッドはいつしか警察にいた。妻殺しの容疑で彼は死刑を宣告される。ところが。独房にいたはずのフレッドは、いつしか別人の修理工の青年ピート(バルサザール・ゲティ)に変わっていた。ある晩、ピートの自宅の前で何かが起こったのだというが、両親も誰も何も話してくれない。釈放されたピートは職場に戻るが、そこに現れたのが知り合いで町の顔役ミスター・エディ(ロバート・ロッジア)。ある日。エディはアリス(パトリシア・アークェット=二役)という愛人の美女を連れて現れた。見つめあうピートとアリス。二人はやがて深い仲になって密会を続ける。アリスはピートに、エディにはポルノ映画の女優として買われたと打ち明け、大金を知人の家から盗む算段をつけるから、一緒に逃げようと誘う。計画実行の晩。ピートはアリスの知人のアンディの邸宅へ。手筈どおりピートはアンディを殴り倒すが、息を吹き返した彼はテーブルの角に額をめり込ませて惨死。二人は逃げるが、アリスの様子が怪しい。砂漠にぽつんと建つ小屋。砂の上でからみあう二人。やがてアリスは裸のまま立ち去った。残されたピートは立ち上がったが、何と彼はフレッドの姿に変わっている。小屋の中にはミステリー・マンが。「アリスなんて女はいない。彼女はレネエだ」フレッドは密会に使っていたモーテルに戻る。ベッドでもつれあうエディとレネエ。フレッドはエディをトランクにたたきこんで砂漠に拉致した。トランクを開けた途端、エディはフレッドに飛びかかるが、フレッドはミステリー・マンが渡したナイフでエディの喉を切り裂く。とどめを刺したのはミステリー・マンだった。早朝。自宅に戻ったフレッドはインターフォンにささやく。「ディック・ロラントは死んだ」……そこへパトカーが追撃してきた。ハイウェイを車で逃走するフレッド。いつしか夜に。錯乱するフレッドは運転席でわめき、顔をふり乱す。闇の中、白いセンターラインがヘッドライトに照らしだされては消えていく……。

関連するキネマ旬報の記事

1997年10月上旬秋の特別号

劇場公開映画批評:ロスト・ハイウェイ

1997年7月下旬号

外国映画紹介:ロスト・ハイウェイ

1997年7月上旬夏の特別号

特集 ロスト・ハイウェイ:作品評

特集 ロスト・ハイウェイ:デイヴィッド・リンチ論

1997年6月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:ロスト・ハイウェイ