男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヘラクレス(1997)

  • へらくれす
  • Hercules
  • Hercules

amazon


  • 平均評点

    69.2点(96人)

  • 観たひと

    236

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1997
公開年月日 1997/7/26
上映時間 97分
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの知られざる青年期の恋と冒険の旅を描いた、ディズニーの長編アニメ第35作。監督・脚本・製作は「リトル・マーメイド」「アラジン」のコンビ、ジョン・マスカーとロン・クレメンツ。製作は、彼らと「ライオン・キング」のアリス・デューイ。脚本はマスカー、クレメンツ、ボブ・ショウ、ドナルド・マッケンリー、アイリーン・ミッチの共同。オリジナル・スコアと挿入歌の作曲を「アラジン」「ノートルダムの鐘」のアラン・メンケンが手掛け、作詞はブロードウェイの人気作詞家デイヴィッド・ジッペルが担当し、全6曲のナンバーを提供。プロダクション・デザインは「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」のジェラルド・スカーフェ、美術監督はアンディ・ガスキル、CGI監修はロジャー・グールド。スーパーバイジング・アニメーターは「ライオン・キング」のアンドレアス・デジャ(ヘラクレス)、「ポカホンタス」のケン・ダンカン(メグ)、エリック・ゴールドバーグ(ピロクテテス)、ニック・ラニエリ(ハデス)。声の出演は「メンフィス・ベル」のテイト・ドノヴァン、舞台『美女と野獣』でトニー賞にノミネートされたスーザン・イーガン、「ニクソン」のジェームズ・ウッズ、「SPACE JAM」のダニー・デヴィート、「キルトに綴る愛」のリップ・トーン、ナレーターに「トゥルーライズ」のチャールトン・ヘストンらが参加。日本語吹替版も同時公開され、“TOKIO”の松岡昌弘、工藤静香、嶋田久作、ナレーターの森繁久彌ら多彩な面々が吹き替えに参加。オリジナル版ではマイケル・ボルトンの歌う主題歌『When a Man Love』のカバー曲を藤井フミヤが歌った。

あらすじ

神々の国オリンポス山の支配者ゼウス(声/リップ・トーン)に、息子が生まれた。ヘラクレスと名付けられた赤ん坊は驚くほどの力の持ち主だった。ゼウスは翼のある馬ペガサスを従者としてヘラクレスに贈った。一方、死者の国の神ハデス(声/ジェームズ・ウッズ)は3人の魔女たちから「18年後、惑星が直列に並ぶ時、ゼウスを倒す好機となろう」と予言を告げられる。だが、「ヘラクレスが立ちはだかり、おまえは破れ去るだろう」と聞いたハデスは、手下のペインとパニックに命じて彼を地上に追いやった。人間の夫婦に拾われて育てられたヘラクレス(声/テイト・ドノヴァン)は、やがてたくましい若者に成長。だが、その怪力をコントロールできず、周囲から孤立していた。やがて、自分が実はゼウスの子であると知ったヘラクレスは故郷を目指した。オリンポス山へのパスポートはただ一つ、本物の英雄になること。伝説の英雄を育て上げてきたトレーナー、ピロクテテスことフィル(声/ダニー・デヴィート)のコーチを受けたヘラクレスは、崩壊寸前の都市テーベで美しい娘メグ(声/スーザン・イーガン)から、岩の下敷きになった2人の少年を助けてほしいと頼まれる。しかし、少年たちの正体はペイン(声/ボブ・ゴールドスウェイト)とパニック(声/マット・フリューワー)で、全てはハデスの罠だった。いくつもの頭を持つ怪物ヒドラを倒したヘラクレスは、町の人々に英雄として迎えられる。ハデスは次々と怪物を送り込むが、その度にヘラクレスは勝利し、人気と名声は急上昇。有頂天になった彼に、ゼウスはスターになることと真の英雄になることは違うと諭した。業を煮やしたハデスはヘラクレスの弱点を探るため、メグを差し向ける。フィルの忠告にも耳を貸さず、ヘラクレスは彼女への愛を募らせていく。メグは昔の恋人を助けるためにハデスに魂を売り、挙げ句の果てにその男に捨てられた過去があった。ヘラクレスの弱点がメグ自身だと知ったハデスは「たった1日だけその超人的な力を封じ込めれば、メグを自由してやる」と取り引きを持ちかける。メグに真実の愛を抱くヘラクレスは、死を覚悟でそれに応じる。地球の軌道が最適の位置に達した瞬間、ハデスは伝説の巨人タイタンを解き放ち、ゼウスを倒すよう命じた。一方、力を封じられたヘラクレスは、なおも巨大な怪物と戦っていた。深手を負い、薄れ行く意識の中でメグをはじめ愛しい人々を守りたいと強く願った時、彼の内部で力が芽生えた。ヘラクレスは彼を庇おうとして傷ついたメグを助けると、ペガサスに乗ってオリンポスに駆けつけた。強敵タイタンを倒し、ハデスをも追放した彼の活躍で、オリンポスに平和が戻った。メグの愛もかち得たヘラクレスは今、本当の英雄となった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年6月上旬号

日活&ホールマーク:「ヘラクレス」

1997年10月下旬号

劇場公開映画批評:ヘラクレス

1997年9月上旬号

外国映画紹介:ヘラクレス

1997年8月下旬上半期決算号

HOT SHOTS:「ヘラクレス」日本語版